国立西洋美術館リニューアルオープン記念展「自然と人のダイアローグ」を観てきました。

「自然と人のダイアローグ展」国立西洋美術館リニューアルオープン記念展.2022年

 

フリードリヒ、モネ、ゴッホ、そしてリヒターに…

6月4日から始まった国立西洋美術館のリニューアルオープン記念「自然と人のダイアローグ展」。先日早速観に行ってきたので、そのレビューをしていこうと思います。今回はドイツのフォルクヴァング美術館とのコラボ開催。自然と人の対話というテーマから、風景画…特に印象派やポスト印象派の作品が見所の様です。それからロマン主義や近代芸術、最近何かと話題の画家リヒターが観れのも注目したいポイント!

 

さらには…

今回初展示となるガッレン=カッレラの作品も楽しみ!個人的に知らない画家なので、何か新たな発見があるかも?と思うと…、前々から愉しみにしていた企画展でした。

 

リニューアルした国立西洋美術館
国立西洋美術館がリニューアルオープンしたのが2022年4月9日。今回の記念展を観に行くついでに、リニューアルした姿を見るのもまた楽しいと思います。

自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

・東京都開催:2022年6月4日(土)~9月11日(日)まで
・国立西洋美術館にて(東京都台東区上野公園7-7)

 

さて、この「自然と人のダイアローグ展」はコラボ開催です。展示作品の半分はドイツにあるフォルクヴァング美術館の作品です。もちろん国立西洋美術館の所蔵作品も数多くあって、見慣れた作品もありますが…、でも約2年という休館の間があっただけに、懐かしい作品との再会もあったのです。

・・・

 

「トルーヴィルの浜」(1867年)ウジェーヌ・ブーダン

「トルーヴィルの浜」(1867年)ウジェーヌ・ブーダン

・63×89cm、カンヴァスに油彩、国立西洋美術館所蔵

この「トルーヴィルの浜」は「常設展」でもよく見かける作品なので、新鮮さという意味ではちょっと欠けてしまいますが…。それでもイイ作品は、何度観ても良いですね!個人的にブーダンの絵は好きで、この「トルーヴィルの浜」は特にお気に入りの1枚です。

 

「波立つプールヴィルの海」(1897年)クロード・モネ

「波立つプールヴィルの海」(1897年)クロード・モネ

・73.5×101cm、カンヴァスに油彩、国立西洋美術館所蔵

これは言わずと知れた印象派の巨匠クロード・モネの作品。国立西洋美術館の所蔵作品なので、もちろん何度も目にした事のある作品です。個人的に渦巻く様な筆のタッチが印象的で、波の荒々しい感じが伝わってくる感じがしてきませんか!?

元々絵画を好きになるきっかけがモネだっただけに、モネの作品は何度見てもイイものですね(^^)。今回の「自然と人のダイアローグ展」では、約100点の作品が展示されていますが、その中でモネは約10点とかなりの割合を占めている印象。ほとんどが国立西洋美術館の作品ですが、中にはフォルクヴァングの作品もあります。

 

「ルーアン大聖堂のファサード(朝霧)」(1894年)クロード・モネ

「ルーアン大聖堂のファサード(朝霧)」(1894年)クロード・モネ

・101×66cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

このルーアン大聖堂のシリーズは結構馴染みがある作品です。フォルクファング美術館の所蔵作品ですが、なぜか初めて見た感じがしないのが不思議です。

 

「ルーヴシエンヌの雪景色」(1872年)カミーユ・ピサロ

「ルーヴシエンヌの雪景色」(1872年)カミーユ・ピサロ

・46×55cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

ルーヴシエンヌはフランス、パリから約10キロほど離れた場所にある町。ピサロは1869年から1872年頃までこの町に住み、印象派の技法で風景画を描いていました。これはピサロが42歳頃に描いた作品で、まだまだ画家として評価されていなかった頃。生活も大変だったそうです。

 

「夕日の前に立つ女性」(1818年頃)カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

「夕日の前に立つ女性」(1818年頃)カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

・22×30.5cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

ドイツのロマン主義を代表する画家”カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ”。神秘性を帯びた風景画を数多く描いた画家で知られています。もちろんこの「夕日の前に立つ女性」にも、自然の偉大さや神秘さが表れていると思いませんか?
参考)⇒ドイツのロマン主義、風景画家”カスパー・ダヴィット・フリードリヒ”を解説!

 

ここでCheck!
ここで気になった作品をいくつか紹介したいと思います。

・「(1970年)ゲルハルト・リヒター
…最近話題の画家リヒターの油彩画です。見た目は写真の様で、でも間近で観ると油彩で描かれているのが分かると思います。まるで草原に寝そべって空を眺めている様な…そんな感じの作品です。

・「(1870年頃)ギュスターヴ・クールベ
…今回、国立西洋美術館とフォルクファング所蔵の2つの「波」が隣り合わせで展示されています。個人的には国立西洋美術館の方が好きですが、ぜひ見比べて観てほしい作品です。

・「(1951年)マックス・エルンスト
・「恋人たち(1929年)イヴ・タンギー
…共にシュルレアリスムを代表する画家エルンストもタンギー。特にエルンストの「木」は一度見たら、忘れられない衝撃の走った作品です。

 

「海辺の城(城の中の殺人)」(1859年)アルノルト・ベックリーン

「海辺の城(城の中の殺人)」(1859年)アルノルト・ベックリーン

・112×177.3cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

タイトルの”城の中の殺人”からして、何だか不気味な感じもする作品。

 

「扇を持つ娘」(1902年)ポール・ゴーガン

「扇を持つ娘」(1902年)ポール・ゴーガン

・91.9×72.9cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

 

「ブローニュ=シュル=メールの月光」(1900年)テオ・ファン・レイセルベルヘ

「ブローニュ=シュル=メールの月光」(1900年)テオ・ファン・レイセルベルヘ

・65×80.6cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

見ての通り点描で描かれているのが分かります。このテオ・ファン・レイセルベルヘはベルギーの画家。ぜひ覚えておいて欲しい画家の一人です。

 

「モンタナ湖から眺めたヴァイスホルン」(1915年)フェルディナント・ホドラー

「モンタナ湖から眺めたヴァイスホルン」(1915年)フェルディナント・ホドラー

・65.5×80.5cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

フォルクファング美術館はドイツにありながら、様々な国の作品があるのが分かります。このホドラーはスイスの画家ですし、レイセルベルヘはベルギー。この後に紹介しますが、ガッレン=カッレラはフィンランドの画家。しかもどれもが良い作品ばかり!風景画でもそれぞれが全く違った画風なのが面白いですね。

 

「刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)」(1889年)フィンセント・ファン・ゴッホ

「刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)」(1889年)フィンセント・ファン・ゴッホ

・59.5×72.5cm、カンヴァスに油彩、フォルクヴァング美術館所蔵(エッセン)

今回初の展示という事ですが、ぜもなぜか親しみを感じてしまう作品です。これはゴッホが療養していた時期に描いた作品で、”死”が表現されているとも言われています。麦を刈る人は”死”、そして刈られる麦に”人間”のイメージを見ていたそうです。ゴッホはかなり感受性豊かな画家だと思っていて、そういった意味でも、この刈り入れをしている風景から、ゴッホは私たちには見えない何か?を読み取ったのだろうと思っています。

ゴッホの深層についてはなかなか理解できない部分があるとはいえ、でも麦の生き生きとした生命力は感じる事が出来ます。思うに今回の”自然と人のダイアローグ”という名に一番ピッタリな作品だと思いませんか?

 

「ケイテレ湖」(1906年)アクセリ・ガッレン=カッレラ

「ケイテレ湖」(1906年)アクセリ・ガッレン=カッレラ

・61×76.2cm、カンヴァスに油彩、国立西洋美術館所蔵

国立西洋美術館に新たに仲間入りしたアクセリ・ガッレン=カッレラの「ケイテレ湖」。

おそらく知らない人も多いだろうと思います。今回初めて知った画家でしたが、でも実にイイですね~。特に印象的なのが輝きを見せている水面の様子。銀色にも見える灰色で描かれた水面の反映。展示室では光の当たり具合によるものなのか?キラキラと輝いて見えるのです。写実的で描かれているので、実際のケイテレ湖はこんなに美しいのかな?と想像を膨らませてしまいますね。

国立西洋美術館も実にいい作品を所蔵したな~と思います。おそらく今後常設展でも展示されると思うので、また今後が楽しみです。「常設展」はこういったイイ作品がほぼ独り占め状態で鑑賞できるので、ぜひ「常設展」もおススメですよ!!

 

「羊の剪毛」(1883‐1884年)ジョヴァンニ・セガンティーニ

「羊の剪毛」(1883‐1884年)ジョヴァンニ・セガンティーニ

・117×216.5cm、カンヴァスに油彩、国立西洋美術館所蔵

今回のリニューアル記念展では、ほぼ半分くらいが国立西洋美術館の所蔵作品で占められている印象です。ほぼ2年ぶりに見れる所蔵作品もあったりと、何だか懐かしさもあったりします。

 

「自然と人のダイアローグ展」国立西洋美術館リニューアルオープン記念展.2022年
久々の所蔵作品との再会新たな作品との出会い!
それにリニューアルした新たな国立西洋美術館の姿も垣間見れる!まさに一石三鳥の記念展「自然と人のダイアローグ」。ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!?

参考)⇒国立西洋美術館はリニューアル前後で、一体何が変わったの??

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る