世界の名画ミステリー ① ~番組「世界一受けたい授業」より~

絵画とミステリー

 

文化的背景を知ると絵はより面白くなる

 

まさしく
私が思う事を代弁してくれた感じです。

絵画好きとは言え、
素人の私が言う言葉だと説得力に欠けるかもしれません。

でも美術評論家の”中野京子”さんが言ったとなれば、
その言葉の説得力は何倍にも増すと思います。

 

さてこの”文化的背景を知ると絵はより面白くなる”
これは「世界一受けたい授業」という番組で取り上げられた言葉で、
この時の授業テーマが”ホントは怖い世界の名画ミステリー”というものでした。

 

簡単に言えば、
普段ふつうに観ている絵画作品でも、
実はこんなミステリアスなメッセージが絵画に描かれている。

そんな絵画に隠されたメッセージを読み解こう!という内容でした。

まず番組で取り上げられた作品が

あの印象派で有名なルノワールの作品でした。

 

・・・

その1… ルノワールの「シャルパンティエ夫人と子どもたち

「シャルパンティエ夫人と子どもたち」(1878年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

「シャルパンティエ夫人と子どもたち」(1878年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

現在この作品はメトロポリタン美術に所蔵されています。

 

あなたはこの絵を見てどう思いますか?

おそらく幸せそうな母親と
愛らしい2人の女の子の姿が描かれていると見るでしょう。

 

でも実はここに描かれている2人の少女には、
実はこんな真実が隠されているのです。

 

ZOOM!
探ると見えてくる絵画のミステリーは?

 

この絵画に描かれている2人の少女ですが、
実は真ん中の子は女の子ではなく男の子なのです!

 

それにしてもなぜ男の子が女装しているのか??
こんな疑問が湧いてくると思います。

実はこれには
当時のこんな現実があったからなのです。

当時男の子は若くして亡くなるケースが多かったらしく、
男の子を女装する事で死神の目をそらそうとしていたと言います。

この絵の様に3~4歳までを
娘(女の子)として育てる風習があったそうです。

 

ちなみにこの絵の詳細について…

これは出版業を営んでいたジョルジュ・シャルパンティエ氏から依頼された作品。

描かれている人物はシャルパンティエ夫人と
(右から)6歳の娘ジョーゼットと3歳の息子ポールが描かれています。

 

ここで私的な興味深いポイント!があります。

実はこの絵に描かれた装飾も見所なのです。

奥に見える鳥の装飾ですが、
まるで日本(ジャポニズム)らしい感じがしませんか?

そして右に見える椅子とテーブル、
そしてそこに置かれた花瓶。
これは洋風的な雰囲気を感じさせるインテリアだと思います。

この作品の興味深い点は、
この様に日本と西洋の融合も見所だと思うのです。

 

これはさすがに何も知らないで見ると、
”イイ絵だな~”くらいしか思わないかもしれません。

でもこの絵の背景を知ると、
ちょっと怖くもありミステリーに思えてくるのです。

 

 

その2… フェルメールの「恋文

「恋文」(1669‐1670年頃)ヨハネス・フェルメール

「恋文」(1669‐1670年頃)ヨハネス・フェルメール

これはヨハネス・フェルメールの作品「恋文」です。

おそらく実物を見た事がある人も多いと思います。

さてこの作品ですが、
実は専門家が言うには明らかにおかしい点があるそうです。

 

一体何がおかしいのか??

 

それは…
これは女主人と侍女(召使)の会話の場面を
まるで覗き見している感じで描いた様に見えると思います。

 

でも評論家の中野京子さんが言うには、
この絵にはこんな深いミステリーがあると言うのです。

 

ZOOM!
探ると見えてくる絵画のミステリーは?

 

まずは奥に飾っている帆を張った船の絵について。

この絵が意味するのは
今は順調そうに見える恋愛だけれど、
でも近い将来恋愛関係が崩れる…
そういう意味があるそうです。

それを証明するかの様に
あちこちに不自然な事が描かれています。

まずは床にはサンダルが置いてあったり、
その横にゴミが散らかっている。
本来侍女は部屋の掃除や身の周りのお世話をする人です。
それにも関わらず部屋が散らかっているのはおかしい。
明らかに侍女が侍女としての仕事をしていないのが分かりますね。

それに本来ならこの侍女の仕事ぶりに対し
主人は怒らないといけないのにそんな素振りもない。

しかも侍女が
女主人に対して上から目線で話しかけているのです。

 

考え…・思い…
この不自然な事から推測できる事は…
この侍女は女主人の弱みを握っているのかも!?

侍女は女主人と愛する男性の関係の秘密を握っている。
弱みを握られている主人は侍女に対して何も言えない。

そしてそれが近い将来
大きな災いが起きるのを暗示しているというのです。

実はこの絵は探っていくと
かなり怖くミステリーな絵”なのかもしれないのです。

 

 

その3… ドガの「エトワール(舞台の踊り子)」

「エトワール(舞台の踊り子)」(1878年)エドガー・ドガ

「エトワール(舞台の踊り子)」(1878年)エドガー・ドガ

これはエドガー・ドガの代表作と言ってもいい作品。

見ての通りこの絵は
踊りを披露しているバレリーナの姿を描いている様に見えると思います。

見た所”怖さ”なんて微塵も感じないと思います。

 

も…

 

探ると見えてくる絵画のミステリーは?

 

この絵には当時のこんな現実が描かれているのです。

当時バレリーナは地位の低い職業だったそうです。
(今では華やかな職業というイメージがありますが…)

その証拠に舞台袖には
顔の見えない黒い服装をした男性の姿があるのが分かると思います。

この頃バレリーナは下層階級の子が多かったそうで、
そのためバレリーナとして成功するためにもパトロンの力が必要だったと言います。

逆にパトロンの支援さえあれば、
バレリーナとしての実力がなくてもスタートして踊れたそうです。

つまりここに描かれているのは、
パトロンに好かれるために媚を売りながら踊っているバレリーナの姿だというのです。

そのためあえて男性の姿を描く必要があったというわけです。

こう見ると華やかそうに見えて、
実は怖いミステリーチックが隠されているわけです。

 

普段何気に見ている絵画でも、
探っていくと
ちょっと怖いミステリーが隠されている事もある!

まさに絵画は魅力溢れるものだと思います。

実はこういったミステリーの隠された作品はまだまだあります。

今後もそういった絵画を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

名画の謎 ギリシャ神話篇 (文春文庫)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る