世界の名画ミステリー ① ~番組「世界一受けたい授業」より~

ミステリー的な…

 

文化的背景を知ると絵はより面白くなる

この言葉が印象的でした。

 

まさしく
私が思う事を代弁してくれた感じです。

絵画好きとは言え、
素人の私が言うには説得力に欠けるかもしれませんが、

でも美術評論家の”中野京子”さんが言ったとなれば
説得力は何倍も増すと思います。

 

これは番組「世界一受けたい授業」で

取り上げられていた言葉でした。

 

題して

…”世界の名画ミステリー

ミステリー的な…

絵画に隠された秘密を読み取っていこう
という番組内容だったのです。

 

気になって見た番組でしたが、

これがオモシロかったのです!

 驚き!ビックリ!発見!

実にオモシロかったのです!

 

絵画は何も知らないで見ると、
単なる上手い絵だな~だけしか感じないかもしれませんが…。

 

でも背景を知っていると、

そのキャンバスに描かれた本当の姿が見えてくるかもしれない。

 

絵を見て想像するだけでもいいのです。

自分なりに感じる事が大切だと思うのです。

別に正解不正解は関係ないと思うのです。

 

そう思ったら絵画を観る事が

おもしろくないわけはないですね!

 

という事で番組で取り上げられた
ミステリアスに染まった名画を紹介します。

 

まずは…

ルノワール”の作品

シャルパンティエ夫人と子どもたち

「シャルパンティエ夫人と子どもたち」(1878年)ルノワール

「シャルパンティエ夫人と子どもたち」(1878年)
※出展:Web Gallery of Artより

 

この絵を普通に見ると、
幸せそうな母と子を描いた絵だな~と感じると思います。

母親と2人の女の子が幸せそうに見えると思います。

 

 ルーペ(奥まで探ってみると…)
でも探ってみると
この絵には隠された秘密が…

 

実は真ん中の子供は

女の子ではなく”男の子”なのです。

 

これは当時の歴史的背景を知らないと

まったく分からない事だと思います。

 

当時男の子は若くして亡くなりやすい時代だったそうで、
3~4歳までは娘(女の子)として育てる風習があったそうです。

 

そういうわけで、
真ん中にいる子は実は男の子なのです。

女の子の服装を着させて

ある年齢になるまで女の子として育てたそうなのです。

 

 

そしてもう一つ

フェルメールの「恋文

「恋文」(1670年頃)ヨハネス・フェルメール

「恋文」(1670年頃)ヨハネス・フェルメール
※出展:Web Gallery of Artより

 

これは他の専門家が言うにも
明らかにおかしい絵なのです。

明らかに構図がおかしいのです。

 

絵を見る限り女主人と侍女(召使)が話している場面を
まるで覗き見ている感じに見えると思います。

 

でも評論家の中野京子さんが言うには、
これには深いミステリー的なものがあると言います。

奥に飾っている絵は帆を張った船の絵なのですが、
これが意味するのは順調に恋愛が進んでいるという意味になるそうです。

 

ルーペ(奥まで探ってみると…)
でも探ってみると
その背景には黒い雲が…

 

つまりは今は順調でも

近い将来恋愛関係が崩れる…

そういう意味があるそうです。

 

それを証明するかの様に

構図が不自然に描かれています。

まずは床にはサンダルが置いてあったり、
その横にゴミが散らかっている。

 

ここまで言って、
感づいた人もいると思いますが…

侍女は部屋の掃除や身の周りのお世話をする人です。
にも関わらず部屋が散らかっている。

明らかに侍女が侍女としての仕事をしていないのです。

それに本来ならこの侍女の仕事ぶりに対し
主人は怒らないといけないのにそんな素振りもない。

しかも侍女が
女主人に対して上から目線で話しかけている。

 

考え…・思い…

この不自然な事から推測できる事は…

 

…この侍女は女主人の弱みを

握っているのかもしれない!?

侍女は女主人と愛する男性の関係の秘密を握っている。

弱みを握られている主人は、
侍女に対して何も言えない。

それが近い将来

大きな災いが起きるのを暗示しているというのです。

 

探ってみると

実は”かなり怖くミステリーな絵”なのです!

 

そしてお次もちょっと怖い
ミステリーチックな絵を紹介しますが、

ルーヴル美術館展(国立新美術館の入り口)

次のは2015年開催「ルーヴル美術館展」
で展示される絵でもあるのです。

⇒”世界の名画ミステリーその②

 

 

 

 

名画の謎 ギリシャ神話篇 (文春文庫)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る