ルノワールと喫茶店”ルノアール”との関係

画家のルノワールと喫茶店ルノアール

 

実は前々から疑問に思っていた事があります。

喫茶店”ルノアール”と

画家のルノワールは関係があるのか??という事です。

 

おそらく
多くの人が疑問に思っていたと思います。

今回はそんな疑問について
私なりに調べ、話していきたいと思います。

・・・

喫茶店ルノアール
 ~ 喫茶店Renoir(ルノアール) ~

 

都内に行くとたまに立ち寄る喫茶店です。

珈琲が美味しく、
ゆっくりできる空間があるのが特徴です。

ちょっとお値段はお高いけれど、
珈琲と空間を一時的に自分のモノにできると思えば安いかもしれませんね!

 

考え…・思い…
と珈琲好きな私が思うのは、

この喫茶店のルノアールと

画家のルノワールとは関係があるのか?という事です。

・・・

画家のルノワールと喫茶店ルノアール
  画家ルノワールと喫茶店のルノアール

ワとアの違いなので、
関係がないのかな~と思いきや、

英語にすると画家”ルノワール”も
喫茶店”ルノアール”も”Renoir”と書きます。

 

あれこれ知るうちに…
これには関係があるのでは?

とますます疑問に駆られた私は
ルノワールの企業サイトを見て探してみました…。

すると~
喫茶店ルノアールが設立したのは、
昭和46年の事でした。(1971年の事です。)
※昭和46年に(有)ルノアールが設立しました。
(画家ルノワールの亡くなった約半世紀後の事ですね!)

あれこれ探してみても
ルノアールの名前の由来は書いてない様な~。

 

でも気になるワードを発見!

名画に恥じぬ喫茶店”という文字が!!

 

!!
この言葉で私なりに思いました!

実はやっぱり関係がある様です!!

 

名画でルノワールときたら、
画家のルノワールしか思い当たらないと思います。

そして
さらに気になる”事”に

関連会社(株主なのかな?)に”有限会社オーギュスト”が!

 

・・・

考え…・思い…
もうここまでくると、
ほぼ確信が持ててきますね!

喫茶店”ルノアール”と

画家”ルノワール”は関係があるのです!!

 

それに~

喫茶店ルノアールの店内を見ていて思う事ですが

喫茶店ルノアールの店内は高貴な雰囲気があって、

そして店内は温かみやぬくもりを感じる雰囲気がある事から

ちなみに
画家のルノワールの作品を見ると思う事ですが、
柔らかく優しい筆のタッチ(質感)で、何だか高貴な雰囲気がしませんか!?
(作品のテーマも貴婦人や
比較的富裕層な人物をテーマにした作品が多いからだと思いますが…)

 

店内の雰囲気などからも思いますが、
ルノワールの作品をイメージしたものでは?”と思ってしまいます。

 

考え…・思い…
ここまでをまとめてみると…

喫茶店”ルノアール”の名前と
画家の”ルノワール”は関係があるって事です!

つまり”ルノアール”という喫茶店の名は

画家”ルノワール”から取ったという事です!

 

本当の由来については
”創業者の方”に聞いて確かめてみるに限るのですが、
私が調査して思う結論はこういう結論に達したわけです。

そしてこの結論を思いながら、
私はふとこんな妄想をしてみたわけです。

・・・

こんな事が…
~”喫茶店ルノアールで美味しい珈琲を飲みながら、

本物の画家ルノワールの作品を観れたらどんだけ幸せだろう!?”~

 

ある意味最高のひと時を味わえるかもしれませんね!

喫茶店ルノアールで、
本物の画家ルノワールの作品を見れる場所ってあるかな~

あったらぜひ教えてくれると幸いです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る