喫茶店”ルノアール”は画家のルノワールと関係があるの!?

画家のルノワールと喫茶店ルノアール

 

たまに街中で見かける喫茶店ルノアール

 

おそらく絵画好きの人なら
誰もがこんな疑問を持った事があると思います。

 

喫茶店ルノアールは画家ルノワールと関係があるのだろうか!?

 

喫茶店ルノアール
この看板でお馴染みの喫茶店Renoir(ルノアール)

 

考え…・思い…
この独特なRenoirというロゴが特徴的ですよね。

都内に行くとたまにこの喫茶店には立ち寄ります。
珈琲が美味しくゆっくりできる空間があって、
本を読んだりちょっとパソコンをやるには非常にGOOD!!

ちょっとお値段はお高いけれど、
一時的に珈琲と空間を自分のモノにできると思えば安いかもしれませんね!

 

そんな喫茶店”ルノアール”の企業HPから、
画家”ルノワール”と関係があるのかどうか??

私なりに探ってみたのです。

・・・

 

喫茶店”ルノアール”の沿革からルノワールとの関係を探ると…

一杯の珈琲とパソコン

英語にすると画家”ルノワール”も
喫茶店”ルノアール”も同じRenoirと書きます。

日本語だとルノワールルノアールで””と””の違いだけ!

これだけ見ても関係がある様に感じませんか??

 

ここでCheck!
ちなみに喫茶店ルノアールって?

現在この喫茶店”ルノアール”を運営しているのは、
株式会社銀座ルノアール”。

都市型の喫茶店として主に東京や神奈川を中心にチェーン展開しています。

くつろぎのひとときと、心からのおもてなし
都会のオアシス喫茶室ルノアール”というコンセプトのもと、
快適な空間を提供する事に重点を置いています。

現在は様々な業態の喫茶店事業
”喫茶店ルノアール”、”cafeルノアール”、
”ミヤマ珈琲”、”ニューヨーカーズ・カフェ”などを展開中。

 

 

れでは”ルノアールの企業サイト”から、
画家ルノワールとの関係性を探ってみました。

 

すると…
喫茶店ルノアールが設立したのは昭和46年の事。(1971年です。)
※昭和46年に(有)ルノアールが設立しました。
(画家ルノワールが亡くなった約半世紀後の事になります。)

 

しかしながら…

企業サイトを調べてみても
なかなか喫茶店”ルノアール”の由来が見つからない…。

つまりルノアールの名が誕生した経緯が発見できないのです。

・・・

 

も…

ここで気になるワードを発見したのです!

名画に恥じぬ喫茶店という文字が!!

 

この時点で画家ルノワールとの関係性が近づいてきた感じです。 

名画”でルノワールときたら、
印象派の巨匠で有名なあの画家…
ピエール=オーギュスト・ルノワールしか思い当たらないわけです。

 

 

してさらに気になるワード”を発見!

関連会社有限会社オーギュストが!

IR情報で調べて見ると、
関連会社に”オーギュスト”という社名が見つかります。

 

考え…・思い…
もうここまでくるとほぼ確信が持てますね!
喫茶店”ルノアール”と
画家”ルノワール”は関係がある様ですね!!

それに個人的な印象になりますが、
喫茶店ルノアールの店内を見ていて思う事は、
店内には高貴さと温かみやぬくもりを感じる雰囲気があるのです。

 

まるで画家ルノワールの作品に通じる部分があると思いませんか??

「ヴァルジュモンの午後」(1884年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

「ヴァルジュモンの午後」(1884年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

ピエール=オーギュスト・ルノワールヴァルジュモンの午後(1884年)

この優しく温かみのある筆のタッチ(質感)に…
全体的に高貴な雰囲気を作品から感じませんか!?
(作品が貴婦人や比較的富裕層な人物をテーマにした作品が多いからだと思いますが…)

もしかしたら店内の雰囲気も
”ルノワールの作品をイメージしたものでは?”と思ってしまいます。

 

考え…・思い…
ここまでを私的にまとめてみると…
喫茶店ルノアール画家ルノワールは関係がある様です!

つまり”ルノアール”という喫茶店の名は
画家”ルノワール”から取ったと思われます。

もちろん本当の由来はどうなのか?

それは”創業者の方”に聞いて確かめてみるに限るのですが、
今のところ私の調査した結果、
こういった結論に達したわけです。

 

そしてこの結論を思いながら、
私はふとこんな妄想をしてみたわけです。

・・・

こんな事が…
喫茶店ルノアールで美味しい珈琲を飲みながら、
本物の画家ルノワールの作品を観れたらどんだけ幸せだろう!?

もし本物のルノワールの作品を愉しみながら
美味しい珈琲を愉しめる”喫茶店”があるとしたら…。

ある意味最高のひと時を味わえるかもしれませんね!
これって超贅沢な事だと思います。

あったらぜひ教えてくれると幸いです。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る