絵画の価値は誰が決めるの!?

価値は誰が決める!?

 

先日こんなニュースが世間を賑わせました。

”競売大手サザビーズのオークションで
バンクシー(Banksy)の作品「風船と少女」が約1億5500万円で落札。

その落札された瞬間に額縁に仕込まれていたシュレッダーが作動し、
作品を細かく切り刻んでしまった。”

記憶に新しい事だと思います。

さらにはこのニュースによって
”絵画の評価が上がる”という現象まで起きたりしました。

バンクシーが絵画を破壊した理由には
ピカソの名言”いかなる創造活動も破壊からはじまる。
という言葉から来ているそうですが、
その理由についてはバンクシー本人に聞いてみないと分からないですが…。

 

考え…・思い…
ここで気になった点は…

絵画の破壊で価値が上がる”という事。

芸術家が自分の作り上げた作品に満足がいかなくて、
作品を破壊する。”というのはよく聞きます。

芸術家のこだわりやプライドだったりするんでしょうけど、
これによって”芸術性の高さ”や
”希少価値”などの理由で高い価値を得られたりもします。

もちろん価値をつけるのは、
専門家など知識を持った人達がメインになると思います。

とは言っても、
今有名な画家でも生前中は全く売れず、
今になって高値が付けられるという話はよくある話で。
価値を付けるのは専門家などになるとは思うのですが、
その時代や地域、価値基準などで
まったく”価値の高さ”は変わってくるんですよね。


つまり”価値”って水物だという事です。

そうなってくると、
世間で高い評価のされている作品でも、
それが”必ずしもすごい作品”ではないって事になってしまいますよね。

 

 考え…・思い…
こう考えると”評価”って当てにならないですね。
国や時代やその時のタイミングで変わるわけですから。

つまり作品を観て判断するのは、
自分自身”or”あなた自身”って事だと思います。

・・・

絵を見て感動!
名画は自分自身で決める!!

…このニュースを見て
私はこう思ったのでした。

 

※ここで取り扱っている画像、イラストは、 掲載可能なもの(public domain)を使用しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る