こんな美術館があったらいいな! …”絵がない美術館” 

絵がない美術館

 

美術館と言えば本来は”絵画)”を見る場所です。

でも時にはこんな美術館があってもオモシロイですね。

 

今回はあえて嗜好を変えて
こんな美術館があったらイイな!”的な話をしてみたいと思います。

 

・・・

絵がない美術館
それは絵がない美術館

本来の美術館としての在り方を覆すかもしれないけど、
こういった美術館もとても面白いと思います。

 

あえて絵画作品を1枚も置かないというのがポイント!なのです。

 

それじゃあ、
何を見る場所なの??

 

絵がない美術館 …それは”額縁”だけ!?
…それは絵を収める額縁Picture frameを見る場所。

 

普段美術館に行く人なら思う事だろうけど、
(当の私はたまに思う事ですが…)

なんかこの額縁、味があってイイな~”って思う事ありませんか!?

 

美術館側は一体どんな基準で額を選んでいるのか分かりませんが、
あえて額だけを見る美術館もイイかもしれませんね。
(これまでこういった美術館ってあったのかな!?)

普段はあまり目立つ事のない額だけれど、
でも絵画を飾る上では額縁は無くてはならないもの!

絵画だけがポツンと飾られていたら
何だか寂しく感じますしね…。

絵画は額でその良さや価値も変わってくると思うのです。

 

そういえばルーヴル美術館って、
その絵が描かれた年代の額を使うという話を聞いた事がありますが、
美術館によっては額縁にも相当こだわっている様です。

 

額縁の美しさ
額によってもそれぞれ作られた年代があるだろうし、
使われている素材も多様にあると思います。
(何だかワインみたいですね。)

もちろんその額の装飾も実に様々です!!

 

そういえば専門家がいうには、
個展で展示する際の額縁によって作品の売れ行きも変わってくると言います。

普段あまり目立つ事がないものだけれど、
実は絵画にとっては超大切なものなんですね。

 

はいっても…

絵がなくて額縁だけが展示されている美術館って…
これだけでは来館者も見込めないですよね!?

そんなわけでさらに嗜好を凝らして、
額縁の下に”この額に似合う絵画作品はどれ?”とのコメントで、
下にはいくつかの絵画の写真を紹介するのもイイかも!

来場者は額に合いそうな絵画を選択して選ぶ
そして用紙にマークシート式で絵画の番号をチェック!

 

そして一年後…

やっぱり… ”絵がある美術館”
それぞれの額縁で投票の多かった絵画が実際に飾られるという演出!

つまり自分が選んだ絵画が実際に額に飾られるわけです。

本来なら絵画に合いそうな額を選ぶんだろうけど、
その逆で額に合いそうな絵画を選ぶわけですね。

今後はこういったちょっと嗜好を凝らした美術館もオモシロイと思います。

 

さて調べてみたらこんなネタも発見!

実は”絵のない美術館”というがあったのです。

これは門あさ美さんの曲で、
アルバム「Hot Lips」に収録されています。

私はよく知らないアーティストですが、
1980年代は特に活躍していたそうです。

 

さて話は戻りますが…
最近の芸術は実に多種多様になってきています。

時にはこんな模様も芸術なの!?って思う作品もあります。

最近の芸術って良くも悪くもなんでもアリだと思うのです。

つくづく芸術の可能性は無限大だな~と思うのでした。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る