原田マハさんの「リボルバー」のこんな愉しみ方

浜田マハさんの小説「リボルバー」

 

2021年5月に発売した原田マハさんの小説「リボルバー」。

ゴッホは拳銃で自殺をしたとされてはいるけれど、
実のところその真相はどうだったのか?

一体誰が引き金を引いたのか??

 

歴史上最大の謎と言われるゴッホの死に迫ったアートミステリーで、
この小説の最大の見所と言ってもいいと思います。

 

「リボルバー」の大まかなあらすじ

パリの大学で修士号を取得した高遠冴が、(☜今回の主人公です)
ちいさなオークション会社CDCに勤務しているところから始まります。

毎週行われるオークションで扱う”お宝”を扱いながら、
でもそのお宝はどこかのクローゼットに眠っていたかの様なものばかり。
いつかは高額な絵画取引に携わりたいと願っている日々でした。

そんなある日冴の元に一丁のリボルバーが持ち込まれます。

それはゴッホの自殺に使われたものだと言うけれど、
果たして??

リボルバー/原田マハ【1000円以上送料無料】

 

ゴッホのゴーギャンの関係性にスポットを当てながら、
ゴッホの死の真相に迫っていく流れは見逃せないですよ!

 

でも見所はゴッホの死の真相だけじゃない!?

 

随所に登場してくる名画も超愉しい!のです。

ここでは小説の真相には触れずに、
小説に登場する作品を挙げながら解説していきたいと思います。
今回は”ゴーギャン編”と称し、ゴーギャンの作品を見ていきます!

 

ここでCheck!
小説「リボルバー」のこんな楽しみ方を紹介!

もちろんゴッホの死の真相を追っていくのも楽しいですが、
小説ならではのこんな楽しみ方もあるのです!!

これは絵画好きの私がおススメする
こんな読み方を話してみたいと思います。
(絵画好きの人はぜひ参考に!!)

 

浜田マハさんの小説「リボルバー」
さてこの「リボルバー」はミステリー小説になっています。

もちろんの事ですが
文章で構成されていて挿絵はいっさい入っていません。

随所に名画は登場するけれど、
”作品名”が書かれているだけで
その絵画をビジュアルで見る事は出来ないのです。

そんなわけでどんな絵画なのかを見たいと思ったら、
自分で調べてその絵を確認するしかないのです。

 

考え…・思い…
でもコレが凄い楽しい!!ですよね。

特に知っている画家の作品だったらなおのこと。

小説中に”作品名”が出てきたら、
多分あの絵だろうな!?”ってなりませんか?

そうなったらもう気になって気になって仕方ない。
すぐさまその絵を確認し見たくなってくるのです。

浜田マハさんの「リボルバー」を読みながら、
そばにはノートパソコンやスマホがあるという具合です。

 

さて、この「リボルバー」で登場する作品から、
いくつか作品の解説も交えて挙げてみたいと思います。

 

 

原田マハさんの「リボルバー」から見るゴーギャンの作品

この「リボルバー」はゴッホの死の真相に迫った小説で、
もちろんゴッホの作品が数多く登場してきます。

でもゴーギャンの作品もかなり出てくるのも見所!!

例えば前半部分にはこの名画が登場してきます。

・・・

「タヒチの女たち」(1891年)ポール・ゴーギャン

「タヒチの女たち」(1891年)ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャンタヒチの女たち(1891年)
・カンヴァスに油彩、69×91.5cm、オルセー美術館所蔵

 

小説中ではこの絵についてこんな風に語られていました。

褐色の肌をしたふたりの少女が砂浜に座っている。

ひとりはピンク色の長袖のワンピース。
黒髪に赤い花を飾り、おぼつかないまなざしをしている。

もうひとりは白いノースリーブのブラウス。
赤い布を腰に巻き、黒髪を束ね耳の上には白い花を挿し、
背中を向けている。

 

私はこの書かれた絵の背景を読んだ途端、
タヒチの女だな!!ってすぐ頭に絵が浮かんだのです。

ちなみにこの作品は1891年にゴーギャンがタヒチで描いたもの。

人工的なパリに嫌気が差していたゴーギャンは、
1891年の4月に念願だったタヒチへと旅立ったのです。

 

ちなみにゴーギャンはタヒチへ行く前に、
画家のオディロン・ルドンにこんな内容の手紙を書いています。

~私はタヒチへと旅立ちます。
そこで生涯を終えたいと思っています。

私の芸術をプリミティブで野生的な状態まで育て上げたいのです…。~

※”プリミティブ”…原始的で、文明化されていないありさま。

ゴーギャンは南国タヒチへ行って、
自分が目指す高みを目指す決意をしたのです。

 

「かぐわしき大地(テ・ナヴェ・ナヴェ・フェヌア)」(1892年)ポール・ゴーギャン

「かぐわしき大地(テ・ナヴェ・ナヴェ・フェヌア)」(1892年)ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャンかぐわしき大地(テ・ナヴェ・ナヴェ・フェヌア)(1892年)
・カンヴァスに油彩、91.3×72.1cm、大原美術館所蔵

この絵に描かれている少女はゴーギャンの妻(愛人?)のテハアマナ

ゴーギャンがパリ万博のパビリオンで見かけた
ボロブドゥール寺院遺跡(インドネシアのジャワ島)のレリーフを参考にして描いたもの。

 

「死霊が見ている(マナオ・トゥパパウ)」(1892年)ポール・ゴーギャン

「死霊が見ている(マナオ・トゥパパウ)」(1892年)ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャン死霊が見ている(マナオ・トゥパパウ)(1892年)
・カンヴァスに油彩、116×134.6cm、オルブライト=ノックス美術館所蔵

この絵の少女も同じくゴーギャンの妻のテハアマナ

ある日ゴーギャンが夜遅くに家に帰った時、
部屋にいたテハアマナが死霊におびえてベッドで伏せていた。
ここにはその時の様子が描かれています。

 

「神の子の誕生(テ・タマリ・ノ・アトゥア)」(1896年)ポール・ゴーギャン

「神の子の誕生(テ・タマリ・ノ・アトゥア)」(1896年)ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャン神の子の誕生(テ・タマリ・ノ・アトゥア)(1896年)
・カンヴァスに油彩、96×131.1cm、ノイエ・ピナコテーク所蔵(ドイツのミュンヘンにある美術館)

ゴーギャンは2度タヒチに行っていますが、
その2度目の滞在時に妻(愛人?)の出産時の様子。

キリストの誕生…
つまり手前の少女をマリアに見立てて描いているわけですね。

 

「黄金色の女たちの肉体」(1901年)ポール・ゴーギャン

「黄金色の女たちの肉体」(1901年)ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャン黄金色の女たちの肉体(1901年)
・カンヴァスに油彩、67×76cm、オルセー美術館所蔵

ゴーギャンで傑作と言われる作品は
タヒチなど南国で描いたものが多いと言われています。

ゴーギャンの作品は切り絵というか、
ステンドグラスの様な平面的な構図が特徴で、
それに独特なタッチと色遣いは異国情緒感ととてもマッチしている感じがします。

この頃の絵が高く評価されるのも何となく頷けますね!

 

ストーリーを文章を追っていくのもいいけれど、
作品をビジュアルとしてイメージできた方がより愉しい!

ぜひ小説中で登場した作品名をチェックして、
それを調べて実際に絵画を確認してみるのもいいですよ!

絵が好きな人なら分かると思いますが、
”作品名が出てきたら、どんな絵なのか観たくなるもの!”

アートミステリー小説は、
こういった楽しみ方が出来るのも醍醐味だと思うのです。

 

ちなみにこの「リボルバー」のカバーをめくると、
ゴーギャンのひまわりの絵が載っています。

「肘かけ椅子の上のひまわりのある静物」(1901年)ポール・ゴーギャン

「肘かけ椅子の上のひまわりのある静物」(1901年)ポール・ゴーギャン

 

ゴーギャンは”ひまわり”を4点ほど描いていますが、
実は今回ちょっとしたポイントにもなっています。

もちろん小説中でも
ゴーギャンの「ひまわり」は登場してきます。

 

ゴーギャンはゴッホの描いた”ひまわり”が好きだったというエピソードはとても有名!

ゴーギャンがタヒチに居た時に、
わざわざフランスからひまわりの種を取り寄せては、
そして”ひまわり”を描いたりもしていたのです。

何気にひまわりとゴッホをダブらせていたのかもしれませんね。

 

本を読む
ゴッホの真相に迫っていくのもイイけれど、
そこへたどり着くまでの寄り道も実に愉しい!!

小説中に登場する”作品名”を深堀していくと、
よりアートは楽しいものになってくるのです。

これもアートミステリー小説ならではの楽しみ方だと思うのです。

さらなるアートミステリーの愉しみ方は?
アートミステリー「リボルバー」のこんな愉しみ方! ②

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る