実はマカロンも芸術!

芸術っぽく見えるマカロン

実はマカロンも芸術なのです!

 

マカロンと言えば、

知らない人はいないほど定番のスイーツです。

 

でもマカロンの起源を知っている人は、

はたしてどれくらいいるのだろう??

 

このマカロンを知れば知るほど、
マカロンが芸術と大きく関係すると感じると思います。

 

まず
マカロンについて…

マカロン”とは?

マカロン

フランス語で”macaron”

メレンゲを用いたフランスを代表する焼き菓子です。
メレンゲに様々な材料を加え、絞り出し乾燥させて焼き上げます。
そして間にクリームを挟み混み仕上げていくお菓子です。

メレンゲに加える材料、間に挟むクリームによって
様々な色や風味を楽しめる洋菓子として、
最近ではお土産やホワイトデーのお返しとして人気の洋菓子になってきました。

 

メレンゲに加える材料で、

色々な色が楽しめるのがマカロンの魅力です。

 

芸術っぽく見えるマカロン

このカラフルなマカロンが、

芸術らしくも見える理由の一つですが…

 

でもそれだけではないのです。

 

それは…

マカロンの起源をさかのぼると見えてきます。

マカロンの起源は?

元々はイタリアのお菓子で、
それが16世紀にフランスに持ち込まれたのが起源と言われています。

当時イタリアのフィレンツェで
大きな権力を持っていたのが”メディチ家”でした。

そのメディチ家出身の”カトリーヌ・ド・メディシス”が
フランスの王アンリ2世に嫁ぐ際に
イタリアから持ち込んだお菓子が元祖と言われています。

そしてフランスに広まり今に至ったと言われています。

 

聞いて!!
そうなのです!

このマカロンは”メディチ家”と関わりがあったのです。

メディチ家は銀行業や政治で大きな力を持っていました。
今でいう財閥の様なものですが
このメディチ家は芸術にも大きな貢献をしているのです。

有名どころで言えば、
ダ・ヴィンチなどの芸術家のパトロンになりました。

そして「ルネサンス」を広めた立役者でもあるのです。

パトロンになるという事は、
少なからず芸術に精通していないと出来ない事だと思います。

 

考え…・思い…
こうみてくると思うのですが…

メディチ家はマカロンに対して、

ある意味”芸術性”みたいなものを見出していたのかも!?

 

このマカロンの歴史を見ていくと、

実はマカロンは芸術的なのかも?”と思ってしまいます。

 

そんなわけで…

芸術っぽく見えるマカロン

 

芸術っぽく見えるマカロン

マカロンを用いて、

ある種の芸術を再現してみたのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る