絵画が語る恐怖の歴史 …ドローネーの「ローマのペスト」

Pest Doctor

 

歴史上最も恐ろしい感染症にペストがあります。

現在日本ではペストの感染症患者は発表されていないけれど、
他の国では依然としてペスト患者は出ていて、
そして少なからず亡くなっている人もいるわけです。

特に14世紀頃ヨーロッパで起こったペストは大流行し、
人口の約3分の1が死に至ったほどだったそうです。

 

そんなペストの恐怖を描いた作品が
この”ジュール=エリー・ドローネー”の作品になると思います。

「ローマのペスト」(1869年)ジュール=エリー・ドローネー

「ローマのペスト」(1869年)ジュール=エリー・ドローネー

ジュール=エリー・ドローネーローマのペスト(1869年)
・カンヴァス 131.5×177cm、カンヴァスに油彩、オルセー美術館所蔵

これは1869年に描かれた作品。
もちろん当時のフランスのペスト被害を描いたわけではありません。

これはローマの教会にあった絵画からインスピレーションを得て描いた作品と言われています。

 

ここでCheck!
この絵に描かれている背景は?

これは7世紀にローマで大流行したペストの様子を描いたと言われています。

中央に描かれている白い翼をしたのが天使。
そしてすぐ横に従えているのは槍を手にした悪魔。

天使がある屋敷の前で指さし、
悪魔に槍で扉を1回、2回…と叩かせると、
その叩いた数だけの人が死んでいく。

周りを見渡してみると
周りにはペストによって亡くなった人々が転がり、
中には祈る様に倒れ込んでいる人もいる。
そして奥の方では十字架を立てて祈っているのだろうか?

次は誰が天使から指を指されるのか??
ペストによる死が誰にでも迫っている事を示している様です。

 

絵を見て感動!
本来天使と言えば”神の使い”と言われているけれど、
ここで描かれている天使は神の使いと言うよりも、
死を呼ぶ”死神”の様にも見えてしまいますね!

そういえば聖書の黙示録の中で、
天使がラッパを吹きならすと世界に災いが訪れる。

つまり災いの象徴として書かれている部分もあります。

ここに描かれている天使も
そんな災いを呼ぶ象徴として描かれているのだろうか??

 

「ローマのペスト」(1859年)ジュール=エリー・ドローネー

「ローマのペスト」(1859年)ジュール=エリー・ドローネー

ジュール=エリー・ドローネーローマのペスト(1859年)
・カンヴァスに油彩、62×75cm、ブレスト美術館所蔵

実は同じような絵画がフランスのブレスト美術館にもあります。
所々違いはありますが同じような場面を描いている様ですね。 

 

考え…・思い…
とにかくペストによる伝染病は、
いつどこで誰に感染するか分からない。

もしかしたら明日あなたの元へ降りかかるかも…。

この絵には”感染症の恐怖は誰にでも降りかかる…
そんな恐怖を暗に示しているのかもしれないですね。

ここ最近の日本ではペストやMERS、
SARSの被害はあまり出ていなかった事実があります。
そのため感染症の怖さは他の国に比べて薄いのかもしれませんね。

このドローネーの「ローマのペスト」から、
過去の怖い歴史をちょっとは感じ取ってみるのもイイかもしれませんね。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る