クールベの「世界の起源」は、写実過ぎるゆえにスキャンダラスだった!?

スキャンダル

 

今でもスキャンダルを呼ぶギュスターヴ・クールベの「世界の起源」。

 

タイトルだけ見るといたってシリアスだけれど、作品を見るとかなり衝撃的で刺激的です。もしくはわいせつ的とも言える!

作品が写実的過ぎるから、そう思えるのかもしれないけれど…。

 

「世界の起源」(1866年)ギュスターヴ・クールベ

「世界の起源」(1866年)ギュスターヴ・クールベ

・46×55cm、カンヴァスに油彩、オルセー美術館所蔵

一切顔は描かれていなく、純粋に女性の性器を描いたのが分かります。本当に大胆というか、豪快というか…、しかも写実的に描かれているから、なおさらですね!当時相当スキャンダルを呼んだのも納得です。

クールベの作品は”写実主義(レアリスム)”が特徴で、対象物を美化する事なくありのままを描くことを良しとしていたのです。”生きた芸術を生み出したい!”の言葉通り、クールベはリアルで生々しい感じを描こうとしていたのです。

 

でも当時女性のヌードは美化して描く傾向があった。クールベの大胆で刺激的な「世界の起源」は、当然のごとくスキャンダルを呼んだのです。とはいえ、クールベは性格的に野心家で型破りだったと言われているので、クールベらしいと言えば”らしい”作品だと思いますが…。

 

 

この絵を観て浮かぶこんな疑問!!

Painter - Painting

顔は一切描かれていなく、あるのは女性の性器とお腹だけ!当然の様にこんな疑問が湧くと思います。

 

”一体この絵のモデルは誰なの!?”

 

カンヴァスに顔が描かれていないだけに、この疑問が湧いてくるのも当然な事だと思います。そういえば、ふと思った事ですが、この絵のモデルは一体どんな気分だったのだろうか?肖像画でもなく、単に自分の性器がドアップで描かれるわけだから!

さすがにこの角度から描かれるわけだから、恥ずかしさもあったでしょうね。

 

さてこの絵のモデルは誰だったのか??

 

「美しきアイルランド女性(ジョーの肖像)」(1865‐66年頃)ギュスターヴ・クールベ

「美しきアイルランド女性(ジョーの肖像)」(1865‐66年頃)ギュスターヴ・クールベ

 

当初はクールベの愛人”ジョアンナ・ヒファーナン(Joanna Hiffernan)”だと言われていました。

ジョアンナ・ヒファーナンはアイルランド出身で、別名”ジョー”とも呼ばれていました。赤毛の髪が特徴的な女性で、ホイッスラー(ジェームズ・マクニール・ホイッスラー)の恋人だった人でした。

 

でも「世界の起源」に描かれている女性の陰毛は、赤毛というよりはに近い色です。ジョアンナ・ヒファーナンの赤毛とは色が一致しないのです。

 

そして最近になって、ついにモデルが判明!

コンスタンス・クニョー(Constance Queniaux)という女性だったのです。

 

作家”アレクサンドル・デュマ”と”ジョルジュ・サンド”との手紙のやり取りから明らかになったのです。このコンスタンス・クニュー(1832年~1908年)は元バレリーナで高級娼婦だった女性。「世界の起源」はクニョーが34歳の頃に描かれたものでした。

 

「世界の起源」(1866年)ギュスターヴ・クールベ

「世界の起源」(1866年)ギュスターヴ・クールベ

 

確かに現在の芸術では、一昔前よりも裸体画のアート性は認められてきていると思います。それでもそれなりのスキャンダルを呼びそうな作品には変わりありません!事実この「世界の起源」のモデルが明らかになった時は、フランスのマスコミはこぞって報道したそうです。

日本だったらニュースでちょこっと報じるだけだろうけど、やっぱり芸術の国フランスはアートへの関心が高いって事なんでしょうね。

 

一見するとわいせつ的にも見える「世界の起源」ですが、でもある意味本質を捉えていると思うのです。”生きた作品を生み出す!”のクールベらしい、まさにクールベだからこそ描ける傑作でしょうね。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る