ここは… 東京の”三菱一号館美術館”

三菱一号館美術館

 

あなたは”東京駅”と言われて
思い浮かべるものって””ですか??

・・・

人によっては
赤レンガが思い浮かぶ人もいると思います。

でも実は東京駅以外にも
赤レンガ”の建物があるのですが…

三菱一号館美術館
その1つに美術館の”三菱一号館美術館”があります。

 

ビジネスやショッピング、
それからクリスマスなどでたまに行く事のある東京駅ですが、
そんな時にふとこの”三菱一号館美術館”に行ったりもします。

 

三菱一号館美術館
周りに高いビルが建っている中に、
このちょっと洋風で歴史を感じさせる建物。

でも実は
建物自体の歴史はそこまで古くはないのです。

この”三菱一号館”は1894年(明治27年)に
英国の建築家ジョサイア・コンドルによって設計された建物。
その後老朽化のため1968年に解体されたそうです。

そして当時の”三菱一号館”を復元し、
2010年に美術館として開館するに至ったそうです。

でも館内に行くと思いますが、
随所に歴史を感じるものが見られると思います。

三菱一号館美術館
というのも保存されていた部材を再利用しているからだそうで、
建物自体の歴史的にはそこまで古くはないのですが、
どことなく歴史を感じさせるのは
こういった理由があるからなのかもしれませんね。

 

三菱一号館美術館
それにこの”三菱一号館美術館”の敷地には、
ふと”東京を忘れさせる場所”もあったりします。

・・・

三菱一号館美術館
ここにいると”東京というビル街”にいるとは思えないほど…。

しかも美術館の館内から外を眺めると、
こういった自然のある風景を見ることもできるのです。

・・・

三菱一号館美術館
この”三菱一号館美術館”はまさに
絵画と自然と洋風が一度に味わえる魅力ある美術館だと思います。

 

考え…・思い…
東京駅を降りた際には、
東京を忘れさせてくれる”三菱一号館美術館”に
立ち寄ってみるのもたまにはイイかもしれませんね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る