東京都美術館で「ウスター美術館所蔵 印象派 -モネからアメリカ」を観てきた。

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」 …東京都美術館にて

 

先日、東京都美術館で開催したウスター美術館所蔵 印象派を観てきました。

 

ウスター美術館(The Worcester Art Museum)は、アメリカのボストン近郊にある美術館。日本ではあまり知られていないけれど、素晴らしいもの揃いで、所蔵作品もかなりのものと言われています。

そこから日本にやって来たわけですから、否が応でも期待してしまいますよね。

 

東京都美術館

今回一番の注目作品は、日本初公開となるモネの「睡蓮」です。

ただ個人的には、知られざるアメリカの印象派画家にも期待ですね!

ウスター美術館は地元に根付いた美術館ですから、日本では知られていない画家と出会えるかも?と思ったからです。

 

目次

「ウスター美術館所蔵 印象派」のレビュー!
私が気にある”アメリカの印象派画家”を一人チョイスしました。
東京開催の「ウスター美術館所蔵 印象派」開催概要
その後の「ウスター美術館所蔵 印象派」の開催予定は?

※参考:”ウスター美術館”はどんな場所? 所蔵作品を観ながら解説!

今回は「ウスター美術館所蔵 印象派展」について、展示作品をいくつか挙げながらレビューしていこうと思います。

今後は郡山や八王子、大阪でも巡回で開催するので、興味のある方は参考にしてもらえると幸いですね。

 

 

 

「ウスター美術館所蔵 印象派」のレビュー!

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」※フォトスポット

今回は”ウスター美術館の印象派”がテーマの展覧会で、目玉作品は日本初公開となるモネの「睡蓮」。

それに印象派は日本でも人気のジャンルですし、何よりアメリカ絵画も非常に気になる。

 

というわけで、早速東京都美術館へ行ってきたのでした。

 

私の考え
ず最初に、私の率直な感想を言いますと”全体的にちょっと薄いかな~”と。

作品数もそうだけれど、解説の内容もちょっと薄い感じが…。

ちょっと辛口コメントになってしまいますが、私は展覧会に行く前に、予習ではないですが多少なり下調べをしていく人間なので。こう思うのは仕方のない事ですね。

それでも気になる作品がチラホラあったので、作品は実際に観ないと分からない!って事でしょうか。

 

ちなみに今回の展示構成は、こんな感じでした。

1、伝統への挑戦
2、パリと印象派の画家たち
3、国際的な広がり
4、アメリカの印象派
5、まだ見ぬ景色を求めて

前半はフランス人画家を中心に、後半からはアメリカ出身の画家の作品が展示される流れになっています。

ある意味オーソドックスな流れで構成された展覧会といったところでしょうか。

 

「ヴィル=ダヴレーの牧歌的な場所ー池畔の釣り人」(1865‐1870年頃)ジャン=バティスト=カミーユ・コロー

「ヴィル=ダヴレーの牧歌的な場所ー池畔の釣り人」(1865‐1870年頃)ジャン=バティスト=カミーユ・コロー

・56×71.6cm、カンヴァスに油彩、ウスター美術館所蔵

まず1章目で目を惹いたのが、フランスの画家”ジャン=バティスト=カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)”の作品です。

コローはバルビゾン派の画家で、田舎町や農村の風景画を好んで描いていました。

素朴で、ゆったりとした時間が感じられる作品なので、観ているだけで穏やかな気持ちになってきますね。しかも画風的に淡いというか、夢見心地な感じなので、なおさら!

そんな中にあってコローの作品の多くは、ワンポイントに映える色もあります。右側で後ろ向きに立っている女性の帽子?が何とも目を惹きますね。

 

「冬の海岸」(1892年)ウィンスロー・ホーマー

「冬の海岸」(1892年)ウィンスロー・ホーマー

・72.4×122.6cm、カンヴァスに油彩、ウスター美術館所蔵

これは”ウィンスロー・ホーマー(Winslow Homer)”で、アメリカを代表する風景画家の一人。

私も詳しくは知りませんでしたが、バルビゾン派に影響を受け写実的な作品を描いた画家だそうです。時代的に戦争にも従軍していたので、戦争の様子を描いた作品も数多く残しています。

確かに写実的には見えるけれど、でも実際に作品を観ると波の描写は印象派っぽくも感じる。印象派など筆触を特徴とする画風は、つくづく本物を観るに限るな~と思いますね。

 

「キャサリン・チェイス・プラット」(1890年)ジョン・シンガー・サージェント

「キャサリン・チェイス・プラット」(1890年)ジョン・シンガー・サージェント

・101.9×76.7cm、カンヴァスに油彩、ウスター美術館所蔵

そして”ジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent)”の作品も展示していました。

サージェントはフランスやイギリスでの活動が主でしたが、実は純粋なアメリカ出身の画家です。

特に肖像画での活躍が目立つので、個人的なイメージですが”女性”を描かせたら、右に出る者はいないと思っています。代表作は誰もが知る「マダムXの肖像」で、数年前に日本でも展示されたので覚えている人もいるかと。

 

「コルフ島のオレンジの木々」(1909年頃)ジョン・シンガー・サージェント

「コルフ島のオレンジの木々」(1909年頃)ジョン・シンガー・サージェント

・55.9×71.1cm、カンヴァスに油彩、ウスター美術館所蔵

そういえば、サージェントの印象派的な風景画もありました。

個人的な解釈ですが、印象派の画家と言う認識ではなかっただけに、意外というかオモシロイ発見でしたね。

 

 

「コロンバス大通り、雨の日」(1885年)フレデリック・チャイルド・ハッサム

「コロンバス大通り、雨の日」(1885年)フレデリック・チャイルド・ハッサム

・43.5×53.7cm、カンヴァスに油彩、ウスター美術館所蔵

そして今回一番気になっていた画家が”フレデリック・チャイルド・ハッサム(Frederick Childe Hassam)”です。

アメリカ印象派の立役者の画家で、今展では4点の作品が展示しました。中でも特にお気に入りが、上の「コロンバス大通り、雨の日」という作品です。

制作は1885年で、まだまだ本格的に印象派にのめり込む前の作品。全体的に薄暗い作風ですが、でもどことなく印象派っぽく感じもしませんか!?ちょっと歴史を感じる都市部とそこに住む人々の様子を描いた作品で、思うにハッサムの一番描きたかった作品だろうと。

それにしても馬車や人物を姿から描くなんて、私が言うのもなんですが”洒落た”感じがしますね。
※参考⇒これは魅入る! 日本人が好みそうな”チャイルド・ハッサム”の作品ベスト3!!

 

「森の池」(1892年)ジョージ・イネス

「森の池」(1892年)ジョージ・イネス

・56.2×69.5cm、カンヴァスに油彩、ウスター美術館所蔵

そして後半に見かけた”ジョージ・イネス(George Inness)”の「森の池」も、妙に惹かれる一枚でした。

何とも神秘的で、観ているだけで不思議な感じに思えたからです。

そういえば後半の作品では、「トーナリズム」という用語が頻繁に登場してくると思います。当時アメリカで起こった絵画運動で、私的にはイギリスの巨匠ターナーにも通じる感じがして、妙に気になった画風でした。

 

考として下に解説も入れたので、良かった行く前の予習にどうぞ!

トーナリズム(Tonalism)

19世紀末から20世紀初頭にかけて米国に現われた風景画の一様式。色調主義。用語そのものは1890年代の終わりに米国の美術批評家たちが国内絵画の新たな傾向を「トーナル(色調)」と評したのが始まりとされる。

トーナリズムの作家はバルビゾン派やハドソン・リバー派、また浮世絵に影響を受けながらも、霧、影、柔和な光で覆われた自然景を茶、灰、青などのくすんだ色彩を用いながら、静謐(せいひつ)な自然景の中に主観的な内省世界を投影した象徴主義的な絵画を制作した。

・出典元:美術館・アート情報のWebマガジン「artscape」のトーナリズム解説より一部抜粋

淡く、くすんだ色彩から、一見すると地味に見えるかもしれない。

でも神秘的で抽象主義的な感じから、ターナーが好きな人は好きな画風かもしれませんね。

 

 

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」※フォトスポット

展示数が少なめだったりと内容的な薄さはあったにせよ、でも目を惹く作品はチラホラと出会えることが出来た。

印象派もそうだけど、作品は鑑賞者の感性に訴える部分も多いと思うので、こればっかりは実際に観に行かないと分からないですね。^^

今後各地を巡回で開催予定になっているので、今回のレビューを参考にしてもらえると幸いです。

 

 

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」 …東京都美術館にて

東京展は2024年4月7日(日)まで開催するので、気になる方はどうぞ!

ちなみに完全に私の余談ですが、近くの東京国立博物館では「本阿弥光悦の大宇宙」展が開催しています。こちらも良かったらどうぞ!

 

 

 

私が気にある”アメリカの印象派画家”を一人チョイスしました。

考え

て、今回気になる画家を発見したので、紹介したいと思います。

実は私もよく知らない画家だったのですが、作品が何とも魅力的だったのです。

その名も”ジョゼフ・H・グリーンウッド(Joseph H Greenwood)”で、アメリカ出身の画家です。

今回「ウスター美術館展」で展示された作品は、以下の2点ありました。

・「リンゴ園(1903年)50.8×76.2cm、カンヴァスに油彩
・「雪どけ(1918年)76.2×106.7cm、カンヴァスに油彩

 


上の動画では、”4:17分頃”に作品「リンゴ園」が登場してきます。

グリーンウッドの生まれは、マサチューセッツ州にある町”スペンサー(Spencer)”で、ウスター群にある小さな田舎町だそうです。地元ウスターの風景を数多く描いた事から、”ウスター美術館”を代表する画家と言っても過言ではないかと。

今後グリーンウッドの作品と出会える機会はあるかは分かりませんが、今回こうやって出会えたのは嬉しい”(めぐり合わせ)”ですね。^^

 

 

 

東京開催の開催概要とチケット・撮影は?

東京都美術館で開催の「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」

印象派作品は風景を見る感じで鑑賞できるので、普段美術に親しんでいない人でも気楽に楽しめるのが魅力!

モネやルノワール、コローの様に有名な画家の作品もありますが、あまり知らないアメリカの画家の作品も展示されています。新たな発見できるかもしれない!?ので、興味のある方は行ってみるのもイイかと思います。

 

東京開催印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

・会期:2024年1月27日(土)~4月7日(日)
・会場:東京都美術館にて(東京都台東区上野公園8-36)

・時間:9:30~17:30まで(金曜は20:00時まで)※入館は閉館の30分前まで
・休館:月曜日、2月13日(火) ※2月12日(月)、3月11日(月)、3月25日(月)は開館します。
・観覧料:一般 2,200円(前売2,000)、大学・専門学生 1,300円(1,100)、65歳以上 1,500円(1,300)
 高校生以下は無料

 

チケットについて…

公式サイトにも記載がありますが、混雑が予想されるためだそうですが、土日・祝日・4月2日以降は日時指定予約制になっています。

平日は特に指定券は必要がないですが、どちらにせよ行く予定でいるなら、前もってチケットは購入しておく事をおススメします。

 

撮影について…

今回の「ウスター美術館所蔵 印象派展」ですが、基本的に撮影スポット以外は撮影が不可になっています。

 

 

 

その後の「ウスター美術館所蔵 印象派」の開催予定は?

美術館の前にチケット購入

東京開催後は、各地で開催予定になっています。

気になる方は日程をチェックして行ってみるのもイイかと思います。

 

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

・(東京展)2024年1月27日(土)~4月7日(日)、東京都美術館にて
・(郡山展)2024年4月20日(土)~6月23日(日)、郡山市立美術館にて
・(八王子展)2024年7月6日(土)~9月29日(日)、東京富士美術館にて
・(大阪展)2024年10月12日(土)~2025年1月5日(日)、あべのハルカス美術館にて

 

目玉作品にモネの「睡蓮」が紹介されていますが、個人的にはアメリカの印象派作品に注目してほしい!

日本ではなかなかお目にかかれない作品に出会えるかもしれないから。

 

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」 …東京都美術館にて

という訳で展覧会に行った際は、純粋な気持ちで作品を見てほしい。そしてイイな!と思う作品と出会ってほしいものです。

美術鑑賞は感性に訴える部分も多いので、実際に観ないと分からないですから!!

 

 

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
ページ上部へ戻る