シュルレアリスム(surrealism)とは? …意味と作品、特徴について

シュルレアリスム(surrealism)…意味と特徴など

 

シュルレアリスムとは何??

あなたはこの意味を説明できますか?

 

考え…・思い…
実際に美術館に行って、
作品を観ても”??”と思えるものばかり…

辞書で調べても「超現実主義
ん??と首を傾げたくなる説明だったりで…

そんな”シュルレアリスム”を説明しろと言われても
なかなか難しいのでは?と思います。

 

今回はそんなシュルレアリスムについて、
私なりに分かりやすく話していきたいと思います。

 

シュルレアリスム

…端的に言えば
無意識の世界を表現した芸術運動となると思います。

 

シュルレアリスム

…英語は”Surrealism
 日本語では”超現実主義”と訳されます。

1924年にフランスの詩人アンドレ・ブルトンが提唱した芸術運動。
アンドレ・ブルトンの書いた書物
シュルレアリスム宣言」がきっかけと言われています。

シュルレアリスムを一言で説明するなら
思考の裏側にある無意識の世界を表現しようとする事

あり得ない組み合わせ、
記号的な形やイメージなど具体的な形がなく、
現実ではありえない様な奇妙な世界観が特徴と言われています。

 

考え…・思い…
単語一言で言うとすれば…
ポイント無意識という言葉になると思います。

 

画家の内面にある無意識なものを絵で表現した絵
…と言うとちょっとは分かりやすいかな??

実はこのシュルレアリスムは
文学的哲学的でもあるのでちょっと馴染みにくいかも?…。

でもシュルレアリスムの作品は知れば知るほど…
そして
観れば観るほど深みにはまる芸術でもあると思います。

 


次に代表する画家について…

~ ”シュルレアリスム”を代表する画家たち ~

 

・マグリット(ルネ・マグリット)
・サルバドール・ダリ

・マックス・エルンスト
・エドガー・エンデ
・イヴ・タンギーなど

       

このシュルレアリスムはヨーロッパだけでなく、
その後、世界中へと拡大していきます。
もちろん日本にも影響を与えました。
特に詩人で画家の瀧口修造(タキグチシュウゾウ)は有名です。

元々この芸術運動は
アンドレ・ブルトンによって広がった運動でした。
”シュルレアリスム”のリーダー的な存在だっただけに、
アンドレ・ブルトンが亡くなった頃(1966年)になると、
そのシュルレアリスムの勢いも落ちてきたと言われています。

考え…・思い…
このシュルレアリスムという芸術は
奇妙な世界観や抽象的な雰囲気を持った作風だけに、
最初はちょっと抵抗があるかもしれません。

でも不思議な事に観れば観るほど
深みにはまる魅力に溢れているのです!!

 

考として…

考え…・思い…
私なりのシュルレアリスム絵画の
鑑賞方法を紹介したいと思います。

このシュルレアリスムは
その画家の無意識の世界を絵に表現したものになります。

 

つまりは…

絵を観れば
画家の無意識の世界を覗き見る事が出来るわけです!

絵を見て感動!
この絵は一体何を意味しているのだろう?

これはどんな世界観なのだろう?

 

…こんな風に自分なりに考え想像して

画家の無意識の中を探ってみれるのがおもしろい所です。

 

実は海外の企業では
研修で”シュルレアリスム”を鑑賞する事もあるそうです。

そういう意味では
自身の感性を磨くにも最適なのかもしれませんね!!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る