モネの絵はどれくらいの価値があるの?

「大運河」の舞台になった水の都ベネチア

 

これまで見た絵画の中で

おそらくモネの絵が一番多いと思うのですが…。

 

それだけモネが多くの作品を残しているのもあると思います。

それに日本で風景画は人気があるだけに、
頻繁に展示会が開催されるのもあると思います。

 

 考え…・思い…
そんな時、ふと気になった事が!

モネの絵画の価値ってどれくらいなのだろう?”って…

 

それで調べてみると、
こんな記事を発見できたのです…

 オークション・競売
2015年2月3日、ロンドンで行われた競売で、

モネの作品「大運河」が3,560万ユーロ(約42億円)で落札!

…これはロンドンのサザビーズ(Sotheby’s)主催の競売。

この日モネの絵画作品は計5点落札され、
その落札総額は8,400万ドル(約99億円)でした。

 

そんなモネの作品
「大運河」がこちらです。

「大運河」(1908年)クロード・モネ
「大運河」(1908年)クロード・モネ
※出展:Web Gallery of Art

 

これは水の都ベネチアの風景を描いた作品です。

舞台になった場所はこれです。

「大運河」の舞台になった水の都ベネチア

約100年経った今でも面影はしっかりと残っています。

 

本当に変わっていないんだな~と感じます。

 

ちなみに中央にある丸い屋根の建物は
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂”です。

この教会は大運河に面しているそうで、
観光地としても有名な場所だそうです。

 

このモネの「大運河」は生で見た事がないのですが、
画像で見る限り教会が浮かび上がってくる感じです。

妙に神秘的にも感じます!

 

おそらくモネ自身直接この地まで行って描いたんだろうけど、
風景画は行った事がない場所でも
絵を見ると行った気分を味わえるのが魅力でもあると思います。

 

ちなみに40億円というと、
実はあるニュースでは大阪府貝塚市の新庁舎の建設費と同じだそうです。

5階建てで延べ1万1,000平方メートルのビル。
しかも180台の駐車場を建てる事が出来るくらいの金額です。

 

オークション・競売

絵1枚に42億円の金額を掛けられるなんて…。

持っている人は持っているんですね。

 

モネの絵1枚でビルを建てられるって事です!

 

だいたい美術館で開催する企画展は、
1,500円前後の入場料で100点近くの作品を鑑賞できます。

 

考え…・思い…
そう思うと…

美術館で見れる事が安く感じてしまいますね~。


美術館という場所は

ある意味”美術の宝庫”と言っても過言ではないと思います。

 

今まで行った事がない人はぜひ行ってみては?

 

 

 

【アートポスター】
ヴェネツィア、大運河(50cm×70cm) -モネ-
 

※ここで取り扱っている写真はpixabeyの画像(パブリックドメイン)を使用しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る