ルーベンスの「眠る二人の子ども」

Painting Art

 

名画ってこういう事を言うのだろうか!?

 

フランドルの画家ルーベンスが描いた「眠る二人の子ども」。
これは何度観ても見入ってしまう魅力に溢れているのです。

 

この絵が所蔵されている”国立西洋美術館”は
現在6,000点を超える作品を所蔵しているといいますが、
その中でもこのルーベンスの絵はとりわけ素晴らしいのです。

・・・

「眠る二人の子ども」(1612‐1613年頃)ペーテル・パウル・ルーベンス

「眠る二人の子ども」(1612‐1613年頃)ペーテル・パウル・ルーベンス

ペーテル・パウル・ルーベンス眠る二人の子ども(1612‐1613年頃)

 

絵を見て感動!
眠る子供のふくよかで温かみのある頬。
触るとぷっくりした柔らかさが感じられる様ですよね!?

ルーベンスの描く人物画は肉感的でふくよかさが特徴的だけれど、
この2人の子供の描写もまさにそんな感じなのです。

しかもまるで目の前で眠っているかの様な…
そんな存在感もこの絵にはあるのです。

それだけに描かれている子供が
ルーベンスの子供だろと思うのも仕方がないかもしれませんね。

 

実はこの絵のモデルは
ルーベンスの兄フィリップの子供だと言われています。

右側の子は1610年に生まれた子で名は”クララ”。

そして左側は1611年に生まれた子で、
名は父と同名の”フィリップ”と言われています。

この絵が描かれたのが1612年~13年頃なので、
子供たちの年齢はそれぞれ1歳~2歳。

兄のフィリップスは1611年に亡くなっていて、
その翌年頃に描かれたとされる作品なのです。

 

実はルーベンスと兄のフィリップスは非常に仲が良かったそうで、
そんな経緯もあってかルーベンスはこの2人の子を
まるで自分の子供の様に思っていたのかもしれませんね。

この作品から感じるリアリティや愛らしさは、
さすがに子供への愛情がないと描けないだろうと思うわけです。

 

考え…・思い…
さてこの絵は俗に”習作(シュウサク)”と呼ばれていて、
顧客からの依頼で描いたものではないのです。

つまり”練習”のために描いたものなのです。

※習作…絵画・彫刻などで練習のために作品をつくること。

そのためかルーベンスはこの絵を手元に置いておいたそうですが、
それは公的な作品ではなかったのもあるかもしれないけど、
もしかしたらこの絵に対する”想い”もあったのかもしれませんね。

 

さてこの2人の子どもが練習だったというわけですが、
この子供の描写がどんな作品に繋がっていったのか??

・・・

「花環の聖母子」(1620年)ペーテル・パウル・ルーベンス

「花環の聖母子」(1620年)ペーテル・パウル・ルーベンス

ペーテル・パウル・ルーベンス花環の聖母子(1620年)

これはドイツにある国立の美術館”アルテ・ピナコテーク”に所蔵されている作品。

ここで周りに描かれている天使が、
この「眠る二人の子ども」に非常に似ていると言います。

 

またルーヴル美術館にある「聖母子と天使」にも利用されています。

 

考え…・思い…
この「眠る二人の子ども」は現在国立西洋美術館に所蔵されているので、
常設展でも頻繁にこの作品はよく観るのです。

 

でも何でだろう??

”不思議な事に何度見ても
じ~と見入ってしまうのです。

本当に不思議な魅力に溢れているのです。

 

国立西洋美術館で開催した「ルーベンス展」
↑これは以前開催した「ルーベンス展」の写真です。

この「眠る二人の子ども」は習作とはいうものの、
まさに”名画”と言っても過言ではないと思うのです。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る