ルドンの描いた”花”の魅力

Pastel Painting

 

ルドンほど作風が大きく変化した画家はいるだろうか!?

 

目や奇怪な生き物のモノクロ作品を制作したかと思いきや、
後半は色鮮やかで美しい花の作品を描いたりした。

この両極端な面もこのオディロン・ルドンの魅力だと思います。

 

個人的にはルドンの描いた””シリーズは印象的で、
特に”グラン・ブーケ”は中でも必見中の必見!

「グラン・ブーケ(大きな花束)」(1901年)オディロン・ルドン

「グラン・ブーケ(大きな花束)」(1901年)オディロン・ルドン

オディロン・ルドングラン・ブーケ(大きな花束)(1901年)
・カンヴァスにパステル、248.3×162.9cm、三菱一号館美術館蔵

 

これは1897年にドムシー男爵に依頼されて制作したもの。
ブルゴーニュのワイン畑にあるドムシー城の食堂に飾られた16点の内の1つで、
ルドンの制作したパステル画でも特に大きな作品です。

 

絵を見て感動!
パステルらしい感じもありながら、
でも絵具で描かれている様にも見えるし、
実に幻想的で不思議な感じの作品なのです。

それに花ビラ1つ1つの描写も魅力的で、
まるで目に様であったり、人の姿の様にも見えたり…

元々奇怪で不気味な作品を作ってきたからなのか、
一見すると奇怪にも見えるんだけれど、
なぜか幻想的で不思議な美しさがあるのがイイのですね。

 

実はドムシー城の食堂に飾られた作品16点の内、
他の15点は1988年にオルセー美術館に所蔵される事になりました。

でも唯一この「グラン・ブーケ」だけがその後も城に飾られ続け、
その後三菱一号館美術館の高橋館長の目に留まり2010年に同美術館の所蔵作品となったのです。

 

三菱一号館美術館 三菱一号館美術館
三菱一号館美術館の手前に広がる美しい庭園

まるでワイン畑に立っているドムシー城にも通じる様な…

この「グラン・ブーケ」が三菱一号館美術館にやって来たのは、
ある意味”必然の流れ”だったのかもしれませんね。

 

ここでCheck!
ルドン作品の魅力とこんな見所!!

このルドンのパステル作品は、
単なるパルテル調に留まっていないのが凄い所!

これもルドン作品の魅力であり見所だと思います。

時にはパステルの様な淡さや柔らかさがあって、
時には凛としたはっきりとした線もある。

パステルの良さを引き出しながら、
時にはアクセントとして尖った画材を使ったりもしたそうです。

 

 

「黄色い背景の樹」(1900‐1901年)オディロン・ルドン

「黄色い背景の樹」(1900‐1901年)オディロン・ルドン

オディロン・ルドン黄色い背景の樹(1900‐1901年)

 

「黄色い花咲く枝」(1900‐1901年)オディロン・ルドン

「黄色い花咲く枝」(1900‐1901年)オディロン・ルドン

オディロン・ルドン黄色い花咲く枝(1900‐1901年)

 

この2点ともにドムシー城の食堂に飾られた作品の一つ。
(現在は両方ともオルセー美術館に所蔵されています。)

黄色を基調とした作品で、
全体的に落ち着いた淡い感じに仕上がっています。

「ブラン・ブーケ」がパステルで描かれているのに対し、
この2点は油彩デトランプが使用されているのが特徴。

※”デトランプ”とは
イタリア語ではテンペラと言い、フランス語でデトランプと言います。
卵や膠などを用いた水彩絵の具の事。

この様に油彩とデトランプと言う異なる画材を用いる事で、
独特な奥行き感を表現しているのです。

 

「日本風の花瓶」(1908年)オディロン・ルドン

「日本風の花瓶」(1908年)オディロン・ルドン

オディロン・ルドン日本風の花瓶(1908年)
・カンヴァスに油彩、92.7×62cm、ポーラ美術館所蔵

これは日本風の花瓶とそれに挿された色鮮やかな花が特徴的な作品。

 

絵を見て感動!
個人的にこの「日本風の花瓶」は特に好きな作品です!!

柔らかく温か味の感じる作品で、
パステルとは違った描写が特に魅力的ですね!
個人的にこの明るい色合いは素敵ですね。

 

「ヴィオレット・ハイマンの肖像」(1910年)オディロン・ルドン

「ヴィオレット・ハイマンの肖像」(1910年)オディロン・ルドン

オディロン・ルドンヴィオレット・ハイマンの肖像(1910年)
・カンヴァスにパステル、72×92.5cm

これはルドンが70歳の頃に描いた作品。
パステル調の色鮮やかさとぼやけた感じによって、
全体的に幻想的な雰囲気を醸し出している作品です。

 

「青い花瓶の花」(1904年頃)オディロン・ルドン

「青い花瓶の花」(1904年頃)オディロン・ルドン

オディロン・ルドン青い花瓶の花(1904年頃)
・カンヴァスにパステル、47×60.5cm、岐阜県美術館所蔵

この「青い花瓶の花」は簾の目の紙を使っているといいます。
よりパステルのぼかしを強調した作品になっている様です。

それが幻想的で深みのある作品に繋がっているんだろうと思います。

 

ルドンは描く主題やモチーフによって
画材や画法を変えて描いたりもしているのです。

こういった変幻自在さもルドンの魅力だと思います。

 

考え…・思い…
ルドンを一言では言い表せない…

ルドンの”花”が魅力的に見えるのは、
こういったルドンの変幻自在で挑戦の賜物なのかもしれませんね。

ぜひルドンの「花」シリーズを観る際は、
こういったルドンの様々な試みを堪能してほしいと思います。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る