アメデオ・モディリアーニの「横たわる裸婦」の落札額!

ART 

 

イタリアの画家で彫刻家の”アメデオ・モディリアーニ”は、
時として物凄い落札額を記録する事があります。

 

2018年ニューヨークのサザビーズで行われたオークションで、
イタリアの画家”モディリアーニ”の「横たわる裸婦」がサザビーズ史上最高額で落札!

その額”1億5,720万ドル(日本円で約172億円)”

当初の落札予想額は1億5,000万ドルで、
それを上回る落札額となったのでした。

落札されたのは数年前の話しになりますが、
先日呼んだ小説「リボルバー」内で
ちょこっと”モディリアーニ”の名があったので今回取り上げてみました。

日本だと絵画や美術ネタって
それほど大きなニュースにはなりにくいものです。

でもこれに関わっている人たちにとっては、
ものすごいビッグニュースだったに違いないでしょうね。

・・・

 

「横たわる裸婦」(1917年)アメデオ・モディリアーニ

「横たわる裸婦」(1917年)アメデオ・モディリアーニ

さてサザビーズ史上最高額を記録したのがこの「横たわる裸婦」

モディリアーニが亡くなる3年前、
つま1917年に描かれた作品です。

モディリアーニは35歳という若さで亡くなった画家で、
女性の裸体を描いた作品は特に有名だと思います。

 

絵を見て感動!
それにしてもこの女性の大胆なポーズ!
特にカンヴァスの中央に堂々と描かれてたお尻は、
とてもインパクトがあると思いませんか!?

豊満さといいお尻のラインといい、魅力的ですよね。

でもなぜだろう??
不思議とエロさはあまり感じないのです。

 

うにこれは…
女性のが表現されているからなんでしょうね。

よく美術館でもモディリアーニの作品は目にする事がありますが、
なぜか近寄ってじっくりと見入ってしまう事も多々。

ルノワールの裸体画とはまた違った美しさがあって、
ルノワールは女性の肌や色に対して美を感じる一方、
このモディリアーニは女性の身体の形に対して”美”を感じるわけです。

属にいう”造形美”という表現になるんでしょうけど、
女性のねじったポーズが多い事がそれを裏付けている様に思います。

モディリアーニの裸婦画の一番の見所は
この様に女性の”美”が表現されている点でしょうか…。

 

 

てモディリアーニの高落札については、
実は2015年にも同じように事がありました。

それがこの「赤い裸婦」という作品でした。☟

「赤い裸婦」(1917年)アメデオ・モディリアーニ

「赤い裸婦」(1917年)アメデオ・モディリアーニ

アメデオ・モディリアーニ赤い裸婦(1917年)

こちらはクリスティーズというオークションハウスで落札された作品で、
その落札額は1億7,000万ドルという額だったのです。

これも上の「横たわる裸婦」と同じく1017年に描かれたもの。
モディリアーニの代表作と言われる作品の多くは、
亡くなる3~4年前に描かれたものが多いと言います。

 

絵を見て感動!
それにして女性のポーズが実に大胆ですよね!
それに絵の構図も思い切りが良くて、
太ももから下はバッサリと切られています。

女性の上半身の曲線美を描きたかったのか?と思うほど。

そして肉感溢れる太ももと血の通った様な赤みのある肌の色!
これも一度観たら忘れないインパクトがあると思います。

 

ここでCheck!
この「赤い裸婦」の最大のポイント!とは?

この裸婦の女性もそうだけれど、
決して美しく女性を描こうとしていない!?のは分かると思います。

瞳がなくどことなく崩した感じの顔立ちで、
しかも色遣いもルノワール様な透明感もない。

でもなぜだか分からないけれど、
を感じされてくれるのです。

 

さて、なぜこうも”美”を感じるんだろう??

 

 

イントは強調された線にあると思うのです。

モディリアーニという画家は輪郭をはっきり描く画家です。

この絵では背景と女性の肌が共に”赤み”がある色になっています。
でも”はっきりとした線”によって
女性の身体のラインがより強調されているわけです。

なかなかこういった裸体美は他の画家では見る事はないと思います。

この絵からも”モディリアーニ”は
造形美が一番の見所でもあると思うわけです。

 

落札額”1億5,720万ドル”…

どうしても金額が凄いので、
落札額ばかりに目が向きがちです。

でも絵画は値段ではないのかもしれないですね。

その絵に描かれた魅力に目を向けるベきでしょうね!

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る