クロード・モネとルノワールの「ラ・グルヌイエール」

Painting Touch

 

印象派のオモシロい所は、
その画家の個性がモロに絵に表れる事!

クロード・モネとルノワールは共に同じ場所から
この「ラ・グルヌイエール」という作品を描いていて、
同じ構図だからこそその違いがはっきりと見えてくるのです。

 

「ラ・グルヌイエール」(1869年)クロード・モネ

「ラ・グルヌイエール」(1869年)クロード・モネ

クロード・モネラ・グルヌイエール(1869年)

これはセーヌ川の湖畔にある水浴場の様子を描いた作品。

「ラ・グルヌイエール」はフランス語で”La Grenouillère”。
カエルのいる沼地カエルの住み家”という意味になる様です。

モネが印象派という言葉のきっかけとなった
印象、日の出」を発表したのが1874年の”印象派展”での事。
(制作したのは1872年と言われています。)

「ラ・グルヌイエール」はその数年前に描かれたもので、
重要なのはこの絵には印象派の技法の誕生が垣間見える事!

例えば”色彩分割による光の表現”、
筆触”の試行錯誤の様子が見て取れるわけです。

周りの木々が映った水面の表情や
太陽の光が反射する波紋の様子。
光の移り変わりを瞬時にどうやって表現するか??

「ラ・グルヌイエール」にはそんな光の機微が存在するわけです。

 

「ラ・グルヌイエール」(1869年)クロード・モネ

「ラ・グルヌイエール」(1869年)クロード・モネ

クロード・モネラ・グルヌイエール」(1869年)

水面の波紋や木々の様子。
モネはこの光の機微を表現するために、
あえて筆の跡が残る様な描き方をしたのかな~?と思うと、
自然の本質を表現しようとしたモネのこだわりが見えてきませんか?

モネは早い時期から風景画に目覚めたと言われていて、
屋外に出ては自然の機微を感じ取ってはカンヴァスに残したいと考えていたそうです。

そう考えるとモネは印象派の画家になるべくしてなったと思いますよね。

 

「ラ・グルヌイエール」(1869年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

「ラ・グルヌイエール」(1869年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

オーギュスト・ルノワールラ・グルヌイエール(1869年)

実はモネとルノワールは共に出かけては一緒に風景を描いていたと言います。

この「ラ・グルヌイエール」もそうで、
建物の位置関係や人物の服装から隣り合って描いていたんだろうと分かりますよね。

 

とはいえ同じ位置から同じ風景を描いたとはいえ、
やっぱり印象派らしくそれぞれ違いが出ているのがオモシロイ!!

このルノワールの「ラ・グルヌイエール」から分かるのは、
自然の機微というよりも人物の描写へのこだわりが強い様に思うのです。

ルノワールらしい柔らかい感じや
優しく高貴な感じの筆遣い。

ルノワールらしい筆遣いが見て取れると思いませんか??

 

「ラ・グルヌイエール」(1869年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

「ラ・グルヌイエール」(1869年)ピエール=オーギュスト・ルノワール

ピエール=オーギュスト・ルノワールラ・グルヌイエール」(1869年)

特にこの「ラ・グルヌイエール」では
より人物に迫った感じの構図になっています。

上品で淡い感じの筆遣い。

それに手前に描かれている太い幹は存在感があって
絵全体をイイ意味で引き締めている感じですね。

そして手前の草木と遠くの草木の描写の違い。
この遠近感の表現もルノワールらしいですね!

 

同じ印象派に属するとはいっても、
それぞれ特徴がモロに表れているのがオモシロイ!
同じ絵を見比べるとその違いははっきりと見えてきます。

これは印象派ならではの醍醐味でしょうね!!

もちろん今回挙げた「ラ・グルヌイエール」という作品。
モネとルノワールのを間近で隣合わせで見てみたいですね!!

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る