ボッティチェッリの「地獄の見取り図」

インフェルノと地獄の見取り図

 

映画『インフェルノ』が公開されました。

この映画は「ダヴィンチ・コード」シリーズの3作目。
もちろんこの映画も
西洋絵画や芸術がテーマになっています。

今回は”絵画”つながりで、
この映画『インフェルノ』で登場する””を取り上げてみました。

 

その絵画というのが…

「地獄の見取り図」(1490年)サンドロ・ボッティチェッリ

「地獄の見取り図」(1490年)サンドロ・ボッティチェッリ(※public domain画像を使用)

 サンドロ・ボッティチェッリの「地獄の見取り図

 

この「地獄の見取り図」は
ダンテの叙事詩『神曲』をモチーフにした作品。

この「地獄の見取り図」の絵には、
『神曲』の内容が見事に表現されているそうです。

ちなみに
”インフェルノ(inferno)”は地獄という意味になります。

 

あれこれ知るうちに…
それでは私が調べた限りで、
この『神曲』の話をしていきます。

ダンテの『神曲』は、
当時かなり人気のあった叙事詩(物語詩)。

ダンテ自身を主人公に見立てて、
ウェルギリウスに案内されながら”地獄界”を巡り歩く話になっているそうです。
(このウェルギリウスは実は実在した人物だそうです。)

この『神曲』ではたくさんの実在の人物が登場してくるのです。

そんなダンテが巡った地獄界はこうだったそうです。・・・

 

「地獄の見取り図」(1490年)サンドロ・ボッティチェッリ

「地獄の見取り図」(1490年)ボッティチェッリ(※public domain画像を使用)

地獄界は全部で9つの圏から構成されています。

犯した罪に応じてそれぞれの階層に振り分けられ、
一番上の最上階は「辺獄(へんごく)」で、
洗礼の恵みを受けなかった者が行く地獄。

そして下に行くほど罪は重くなり
最下階は裏切り者が行く地獄”コキュートス”があります。
(ここでは裏切りの罪を犯した者は永遠に氷漬けにされる末路が…。)

そんな最下層には、
堕天使ルシファーがいるとされています。
(別名”悪魔”と言われています。)

このルシファーは元は天使の長でしたが、
神に謀反を企てる裏切り行為を行ったと言われています。

(それぞれの罪の地獄)
第一圏…”辺獄”洗礼を受けなかった者が行く地獄。
第二圏…肉欲の罪を犯した者が行く地獄
第三圏…”貧食”大食いの罪を犯した者が行く地獄
第四圏…ケチで浪費の激しい者が行く地獄
第五圏…怒り狂った者が行く地獄
第六圏…異端者が行く地獄
第七圏…暴力の罪を犯した者が行く地獄
第八圏…悪意を持って罪を犯した者が行く地獄
第九圏…裏切りをした者が行く地獄

 

考え…・思い…
この罪の地獄を見ていくと、
今の法律とはちょっと異なる価値観だったのかな~と思います。

どちらかと言うと、
宗教上、倫理上を視点に置いた罪の様ですね。

私が思うのですが
絵画や文学はその時代の価値観や文化を反映しているものが多いと思っています。

という事は絵画や文学から、
当時の生活や価値観を知る事も出来ると思っているのです。

 

この話を少しでも知っていると、
映画『インフェルノ』を見る時もより深く味わえると思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る