聖母マリア~西洋絵画を楽しむために~

イエス・キリスト降臨の物語

聖母マリア”について

…西洋絵画を楽しむために知っておいた方がイイ事!

 

西洋絵画を色々と見ていくと、
宗教画に触れる機会が必ずと言っていいほど出てきます。

実のところ当の私もなのですが、
最初の頃は宗教絵画ってちょっと抵抗があったのです。

というのもその頃は、
あまり分からなかったからなのですが…。

でも西洋絵画と宗教画は

切っても切れない関係にあります。

 

物知りぶるペンギン
そんなわけで分かりやすく、
キリストの事を話していきたいと思います。

ここでは映画『マリア』を参考に
話をしていきたいと思います。

『マリア(原題:The Nativity Story)』
     

この映画を一言で言えば
イエス・キリストの誕生と、マリアと夫ヨセフとの愛の絆を描いた映画。

ストーリー

当時エルサレムのヘロデ大王が権力を握る時代。
話はそのヘロデ王の悪政に苦しめられていたナザレという村から始まります。
※ナザレは今のイスラエルに実在する都市です。

そこにナザレ村に住むマリアは、
ある日天使ガブリエルから神の子を身ごもると知らされます。
(※のちに聖母マリアと言われる女性です。)
その頃マリアはヨセフとの婚約が決まった頃でした。
マリアはヨセフとの性交渉もなしに子供を授かるという事に戸惑いながらもその運命を受け入れるのでした。
(※処女懐胎と言います。…

神の子を身ごもる運命を受け入れたマリアですが、
しかし夫となるヨセフやその村人たちはマリアの事をまったく信じようともしませんでした。
でもある時ヨセフは夢の中で天使ガブリエルからアリアの事が真実だとお告げを聞くのです。
この時からヨセフはマリアを守ると心に誓うのでした。

でも当時はヘロデ大王が権力を握る時代。
救世主誕生の予言を知ったヘロデ大王は、
自分の身を脅かすのではないかと怯えるのでした。
そして東方の三博士に救世主になるだろう子供の居場所を探る事を命じるのです。

その頃マリアとヨセフは、
ヘロデ大王の追手を逃れるべくヨセフの故郷ベツレヘムを目指していたのです。

そしてベツレヘムにたどり着いたヨセフとマリア。
ここでマリアはイエスを出産するのでした。

そしてイエス誕生のその時…
空に見た事のない星が輝いたのです。
(この事を「ベツレヘムの星」と言われています。)

この奇跡ともいえる光を目撃した三博士は、
自分たちの間違いに気づきヘロデ大王の元へ戻らない事にしたのです。

救世主誕生に怯えるヘロデ王は、
ついに子供の虐殺を命じるのでした。

そしてその追手はマリアとヨセフの近くまで迫ってくるのでした。

 

この映画はかなり分かりやすい内容になっています。

観るとイエスの生また頃の時代背景がすぐにつかめると思います!

 

実はこの映画を観ようと思ったきっかけは、
ラファエロ・サンティの『大公の聖母』という作品でした。

美術館で『大公の聖母』を見た時の印象は、
子(イエス)を見る聖母マリアの目が何だか悲しそうに見えたからです。

もちろん母だからこそ、
聖母マリアの表情には優しさもあるのですが…。
でもなぜか悲しい感じにも見えてくるのです。

 

何でだろう?と思ったのがきっかけで、
イエスの誕生について知ってみようかな~と思ったのです。

 

考え…・思い…
これは私の考えですが、
聖母マリアはこれからイエスの降りかかってくるだろう
苦難を予感していたのかもな~と思うのです。

当時はヘロデ大王が治めていた頃で、
猜疑心が強く自分の身を脅かす存在は排除しようとしていたからです。

こんな風にある程度の背景を知った上で、
聖母マリアや宗教画を見ると少しづつですが深く絵を観れると思います。

それだけにボッティチェリ展もそうですが、
3月に開催のカラヴァッジョ展もより楽しめると思います!!

 

 

 

※ここで扱っている画像は
パブリックドメインなど掲載可能なものを使用しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る