「MOMAT コレクション展」を観てきました。in 2021

東京国立近代美術館で開催の「MOMATコレクション展」

 

この東京国立近代美術館は東京の丸の内にあります。

そのためか、
毎度のごとく皇居東御苑も散歩してしまうのです。

最寄りの駅に”竹橋”や”九段下”があるんだけれど、
あえて東京駅を利用して行くのはこのためなのです。

これは私にとっての定番のルートなわけだけれど、
美術も鑑賞出来て自然を満喫しながら散歩できるのは、
おそらくこの国立近代美術館くらいではないでしょうか!?

 

東京国立近代美術館で開催の「MOMATコレクション展」
さて今回はこの国立近代美術館で開催の
MOMAT コレクション展を観にやってきました。

・「MOMAT コレクション」は東京国立近代美術館の所蔵作品展の事。
東京国立近代美術館は英語で書くと
The National Museum of Modern Art, Tokyoになります。
この頭文字を取って”MoMAT”となった様ですね。

 

ここへはこれまで何度か来ていますが、
本当に毎回行く度に何かしらの発見があります。

これも美術の醍醐味の1つでしょうね!!

今回個人的に!!と思った作品を挙げながら、
この「MOMAT コレクション」について話していきたいと思います。

 

・・・

まずはポスト印象派のセザンヌの作品から

「大きな花束」(1892-95年)ポール・セザンヌ

「大きな花束」(1892-95年)ポール・セザンヌ

・81×100cm、カンヴァスに油彩

リンゴの静物画でも有名なポール・セザンヌですが、
この花の静物画もとても魅力的でイイですね!!

もちろんセザンヌ特有の平筆で描いた様な、
大胆な感じの描き方は健在って感じです。

まるで浮き上がってくる様な花の存在感!

それに不思議なバランスを保っている花の配置。

これはず~と観ていられる作品だと思います。

お金があるなら本物を部屋に飾りたいくらいですが、
これは今展で特に惹かれた作品だったのです。

 

「ガス灯と広告」(1927年)佐伯祐三

「ガス灯と広告」(1927年)佐伯祐三

・65×100cm、カンヴァスに油彩、1982年度文化庁管理換

そしてこれは今回の見所作品に挙げられている様ですが、
これもなかなか味があって私的に一押しの作品!

一見すると雑居とした感じでゴチャゴチャっと見えなくもない。

でも不思議なリズム感が感じられるんですよね。

広告に描かれた文字がまるで音符の様に見えて、
絵全体が1つの楽譜の様にも見えてくるわけです。

 

文字自体が絵としての役割を果たしているっていうのか…
こういった作風はある意味”佐伯祐三らしさ”かな?とも思います。

 

さてこの東京国立近代美術館は
日本の画家の作品が多数所蔵されているのが特徴です。

萬鉄五郎松本竣介、それに岸田劉生の作品なんかもあります。

 

「裸体美人」(1912年)萬鉄五郎

「裸体美人」(1912年)萬鉄五郎

・162×97cm、カンヴァスに油彩

この萬鉄五郎は西洋画に非常に影響を受けた画家で、
この「裸体美人」はゴッホなどポスト印象派の影響を示す最初期の作品として
2000年に重要文化財に指定されたそうです。

特に萬鉄五郎の「太陽の麦畑」は、
見た途端”これはゴッホみたいだな~”と思わせる作風です。

太陽の表現の仕方はまさにThe ゴッホ!!と言った感じでした。

 

「道路と土手と塀(切通之写生)」(1915年)岸田劉生

「道路と土手と塀(切通之写生)」(1915年)岸田劉生

・56×53cm、カンヴァスに油彩、1978年度文化庁管理換

これは以前にも観た事のある作品ですが、
実はこれは現在”重要文化財指定作品”の作品だったんですね。

 

「眼のある風景」(1938年)靉光

「眼のある風景」(1938年)靉光

・102×193.5cm、カンヴァスに油彩

この靉光(あいみつ)という画家は本名”石村日郎”と言うそうです。

昭和初期頃に活動していた日本の西洋画家で、
今回この異様な感じが妙に印象的だったのです。

 

絵を見て感動!
まるでダリやルドン(オディロン・ルドン)を思わせるような…
そんなシュルレアリスム的な作風が特徴です。

これは第8回独立美術展へ出品し”独立美術協会賞”を受賞した作品。

今では靉光を代表する作品となっているわけですが、
これもぜひ行った際は見てほしい作品ですね。

それにしても本当に不気味な感じですね~。

 

この東京国立近代美術館には様々な日本の作品があります。
特に昭和の頃の日本の西洋画家は必見!!だと思います。

この頃の作品を見ると
当時は西洋からかなり影響を受けていたんだな~
それが如実に分かってくると思います。

比較的西洋画を見る事が多い私にとって、
西洋から影響を受けた日本の画家の作品もたまにはイイものですね。

 

他には草間彌生、岡本太郎、棟方志功の作品もあったりと、
日本の画家の作品が豊富にあるのがこの美術館の特徴でしょうね。

 

「反映 / 思索」(2000年)アントニー・ゴームリー

「反映 / 思索」(2000年)アントニー・ゴームリー

これは2階に展示している男性の銅像。

鏡で反射している様に見えるので、
あたかも”1体”の男性の像かと思いきや…

実は互いに向かい合っているため実際は”2体”なのです。

「反映 / 思索」(2000年)アントニー・ゴームリー 東京国立近代美術館2階からの眺め

今回の「MOMAT コレクション展」は、
所蔵作品の展示が中心になっているためか
観覧料が一般の個人でも500円とワンコインなのが嬉しいですね。

これが自前で多くの作品を所蔵している美術館の魅力!!

この「MOMAT コレクション展」は
2022年2月13日(日)まで開催します。

ぜひ東京に行った際は行ってみるのもイイと思います。

 

考え…・思い…
改めて思いますが、
本当に絵画は行く度に新たな発見があるのがイイですね!!

その時の気分や心持ちによっても受ける印象が変わったりもします。

以前はそれほど感じなかった作品でも、
なぜか今回は妙に心惹かれたりするのです。

たまにはこういった所蔵作品展にイイですね!

 

して観終わった後は…
皇居東御苑を散歩しながら帰るのも2度美味しい!!

皇居東御苑を散歩! 皇居東御苑を散歩!

皇居東御苑を散歩! 皇居東御苑を散歩!
東京というビルで溢れる場所にこんな風に自然で溢れる場所があるって…
実に”都会のオアシス”って感じがしてしまいます。

 

皇居東御苑を散歩! 皇居東御苑を散歩!
今回も定番の”MoMAT”の後にゆっくりと御苑を散歩しながら、
東京駅へと向かって行ったわけです。

ぜひ東京へ来た際は
こんな風に2度味わってみては!?

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る