ヴェネツィア派とフィレンツェ派の違いと特徴

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」…東京都美術館より

ヴェネツィア派とフィレンツェ派って何?

 

 

ルネサンス美術”を観ていくと
ヴェネツィア派”と”フィレンツェ派”という
2つの流派を目にする事があると思います。

 

もちろん”派”というだけあって、
そこには特徴やそれぞれ違いがあるわけです。

 

考え…・思い…
今回は”ヴェネツィア派”と”フィレンツェ派”について
出来るだけ分かりやすく話していきたいと思います。

 

時代で言えば
14世紀~16世紀頃になるでしょうか…

この頃はルネサンス期と言われていました。
当時イタリアを中心にヨーロッパ各地に
”ルネサンス美術”という芸術運動が広まっていたのです。

でもルネサンス美術とはいっても、
地域や当時の政治情勢によって様々な派に分かれていました。

 

当時は画家の多くは
パトロンという支援者によって支えられていました。
そしてそのパトロン(支援者)の多くは
当時の権力者や経済的影響力のある人間が多かったのです。

そんなわけで
当時の政治や地域性が絵画にも現れてきたわけです。

今回の”ヴェネツィア派”と”フィレンツェ派”もそうで、
同じルネサンス美術でも地域によって違った作風だったのです。

 

??
それでは今回の2つの流派
”ヴェネツィア派”と”フィレンツェ派”の違いとは?

 

・・・
一言で言えば
キッチリ描く伸び伸び描くか”の違いになると思います。

 

  考え…・思い…
まず”ヴェネツィア派”から話すと…

ェネツィア派で代表する画家と言えば
かの有名なティツィアーノ・ヴェチェッリオがいます。

彼はデッサン(素描)をしないで、
そのままキャンバスに絵具で描く方法を多用していたと言います。

明暗の調子を色彩で表現し、
流動的であいまいな線によって
伸び伸びとした感じや全体の空気感や雰囲気を表現しようとしたのです。

ヴェネツィア派の作品が
美しい色彩で華やかさがあり、
伸び伸びと躍動感があると言われるのは、
こういった絵を描く工程によるものだったわけです。

もちろんヴェネツィア派では
デッサン(素描)を重要視していないため、
現在デッサンしたものがほとんど残っていないと言います。

 

ここでちょっと余談になりますが
イタリア紙幣の肖像にティツィアーノ採用された事もあったそうです。
それだけイタリアにとって
ティツィアーノの存在は大きい
って事でしょうね。
(ちなみにルネサンスの3大巨匠と言われるダヴィンチやミケランジェロ、
そしてラファエロも紙幣に採用された事があります。)

 

絵を見て感動!
対して”フィレンツェ派”はどうだったかと言うと…

ィレンツェ派はデッサンを重要視していました。

そのためあいまいさを排除し、
きっちりとした線で形を正確に捕える事を目指していたのです。

きっちりとしてメリハリがあったり、
”知性的”と言われるのは、
フィレンツェ派がデッサンを重視していたからなんですね。

 

・・・

フィレンツェとヴェネツィア
ヴェネツィア派とフィレンツェ派

 

同じルネサンス美術でも
地域によってこうも違いがあるのは面白いですね!

 

考え…・思い…
そんなわけで違いを私なりに言うと…

フィレンツェ派は”キッチリした作品”が特徴で、
ヴェネツィア派は”自由で伸び伸びした作品”が特徴となるのです。

 

ここからは私の想像ですが、
当時の”フィレンツェ”は金融や商業で栄えた都市でした。
そんな事もあって
はっきりとメリハリがある絵”が受け入れられたのかもしれませんね。

水で栄えた都”ヴェネツィア”
逆に”ヴェネツィア”は貿易で栄えた都市でした。
異国の文化や様式を受け入れていただろうから、
良い意味で”ゆるさと自由”があったのだろと思うのです。

実際ヴェネツィアは水で囲まれていた地域だっただけに、
湿気も多かったそうです。
ヴェネツィア派は壁画よりも
持ち運びができる”絵画”の方が主流だったと言われています。

 

 

て…

先ほど”ティツィアーノ”の名を挙げましたが、
ここで彼の代表作をどうぞ!!…

「フローラ」(1515年)ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

「フローラ」(1515年)ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

ティツィアー・ヴェチェッリオフローラ

※”フローラ”という女性はローマ神話に登場する花と春の女神です。

 

  考え…・思い…
この絵を一言でいうなら”本当に美しい!
というかそれしか言いようがないのです。

ティツィアーノはこの絵を描くのに、
何度も塗り重ねて描いたと言います。
そのため肌の描写が綺麗で深みがあると思うのです。

もしティツィアーノがフィレンツェ出身だったら、
こういう作品にはならなかったのでは?と思います。

ヴェネツィア派とフィレンツェ派”…

もし目にする事があったら、
ぜひ見比べてみても面白いと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る