”これも芸術?” …中学時代の美術の授業を思い出して~

くしゃくしゃの紙

 

「ポンピドゥー・センター傑作展」に行って、
いろんなジャンルの作品を観ていたら…

 

”ふと”
こんな事を思い出したのです。

こんな事が…
僕が中学生だった頃の
美術の時間での事でした。

先生が真っ白な紙を皆に配って、
そしてこんな話をしたのです。

真っ白な紙をくしゃくしゃにして、
そして紙を広げてみて下さい。

すると…

くしゃくしゃの紙

くしゃくしゃに折り曲げられた跡が紙に残ります。

それから
くしゃくしゃになった紙の隅に、

あなたのサインをしてください”と…

 

そして先生がこんな事を…、
これもあなただけにしか作れない芸術なんですよ!

と…

そんな授業があった事を思い出しました。

 

??
この”くしゃくしゃの紙が芸術??

 

当時の僕は、
まったく意味が分からなかったんですよね。

だって、
この紙って何も描かれていないじゃないか??

上手くないじゃないか??って

 

実は『ポンピドゥー・センター傑作展』で、
クリストの『パッケージ』という作品がありました。

この作品は見た限りだと、
ただ紐で梱包されたモノにしか見えません。

でも
これもれっきとした”芸術”なのだそうです。

 

このクリストの梱包もそうだけれど、
学生時代のクシャクシャの紙も、
”芸術”に成り得るって事だろうと思います。

 

今になった私でも分かるようで、
正直言って分からない芸術です。

でも前回話した事ですが、
そのモノに価値を見出したかどうか”って事なのかもしれませんね。

 

考え…・思い…
つくづく芸術って奥が深いですね~

もしかしたら、
ふと思い立って作った些細なモノが、
スゴイ芸術になるって事??
なのかもしれませんね~。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る