国立西洋美術館の庭園にあるロダンの彫刻「カレーの市民」を解説!

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」

 

オーギュスト・ロダンの彫刻「カレーの市民(Burghers of Calais)」。

 

国立西洋美術館に行った事のある人なら、間違いなく目にしている彫刻だろうと思います。うな垂れた6人の男性の表情が何とも印象的で、一度見たら脳裏に焼き付くくらいの衝撃作!特にうな垂れた6人の男性の表情は何とも印象的ですよね。しかも、”カレーの市民”というタイトルも、妙にインパクトがあります。

 

burghers.calais01「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」
知っている人なら、なんてことはないだろうけど、知らない人にとっては”カレー”の文字ばかりが気になってしまう。実は私も最初この彫刻を観た時は、”カレー”にばかり目が行ってしまったのです。

さて、国立西洋美術館でも一際異彩を放つ彫刻「カレーの市民」ですが、実は意味や背景が分かってくると実に深い作品だったりします。さすがロダンだな~と感心してしまうほどです。一体何を表わしている彫刻なのか、あなたは知っていましたか??

 

 

ロダンの彫刻「カレーの市民」の意味と背景

「カレーの市民(Burghers of Calais)」…国立西洋美術館にて
まず一番気になるだろう言葉”カレー(Calais)”から話した方がイイと思います。

ちなみに、カレーとは食べるカレーの事ではないのは一目で分かると思います。でも分かってはいても、どうしても食べるカレーがふと頭に浮かんでしまう。彫刻の背景を知っている現在でも、ふと思い浮かべるほどなので、カレー好きの人間にとっては、本当に困ったタイトルではありますよね。

さて、”カレー(Calais)”についてですが、これは都市の名前を意味しています。フランス北部にある港湾都市”カレー市”の事です。

 

そして肝心な彫刻「カレーの市民」の背景ですが、今から600年以上前に起こった百年戦争ある出来事が元になっています。

さかのぼる事、約600年前…。

1339年~1453年の約100年間、イギリスとフランスの間で”百年戦争時代”と呼ばれる長期化した戦争の時代がありました。

当時イギリスを治めていたのが国王エドワード3世。対してフランスはフィリップ6世が国をまとめ上げていました。

1346年、クレシーの戦いで勝利したイギリス軍は、フランスの重要な町”カレー市”を包囲しました。(歴史的出来事では”カレー包囲戦”と呼ばれています。)フランス軍はイギリスの包囲を解こうとしますが、カレーへの補給も上手くいかず、包囲を解けずにいました。そして、この状態が約1年間ほど続いたのです。

いにフランス軍からの補給も来なくなり食料も尽きてきた都市カレーは、
ついに開城を余儀なくされます。

そしてフランスはカレー開城の際、
降伏の交渉としてカレー市民の主要メンバー6人を人質として出す事に…。

その主要メンバー6人とは
当時カレー市の指導者だった”ウスターシュ・ド・サン・ピエール”。
他にメンバーには”ジャン・デール”、”ジャック・ド・ヴィッサン”、
ピエール・ド・ヴィッサン”、”シャン・ド・フィエンヌ
そして”アンドリュー・ダンドル”の5人でした。

彼らは都市カレーを守るため己を犠牲にイギリス軍の陣営に赴いていったのです。

 

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」
うな垂れた表情に見えるけれど、実はこの6人の男性は都市”カレー”を救うために出頭した英雄だったのです。

 

 

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」
絶望感と苦悩に満ちた男性の表情、そして後ろには首を紐で縛られた男性の後ろ姿

どう見ても英雄には見えませんよね。私が観る限り、悲劇と絶望に満ち溢れた男たちにしか見えない。実は「カレーの市民」で描かれた男性たちの表情を巡って、過去にこんなエピソードがあったと言います。

依頼主は「カレーの市民」を英雄的象徴として、ロダンに制作を依頼しました。でも彫刻で描かれていたのは疲れと苦悩、絶望に溢れた表情だった。当然ながら、依頼主は彫刻の受け取りを拒否したのです。

依頼側と制作者側との意向の違いがあったって事ですね。

 

ここでCheck!
「カレーの市民」から思う、私の解釈!

依頼主は6人の男性を、英雄らしい表情で表現して欲しかった。当然ロダンは依頼人の要望は聞いていたと思いますし、それに応えていたと思います。依頼人とロダンが思う英雄像の違いが、この様な結果を生んだと思うのです。

依頼人は、6人の男性を堂々とした、カッコイイ姿で表現して欲しかったのかな?と思います。でもロダンの思う英雄像は違っていた。6人は街を救った英雄だけれど、でも生身の人間でもある。人間らしい弱さや生々しさを表現しつつ、英雄として描きたかったのだろうと思うのです。

オーギュスト・ロダンは、”ありのまま”、つまりリアルさを追求した彫刻家でも知られています。この人間味溢れた「カレーの市民」は、ある意味ロダンらしいと言えば、らしいと思います。

 

 

て、締めに、ロダンの「カレーの市民」をいろんな角度から観てみようと思います。

 

 

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」

 

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」

 

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」

 

「カレーの市民(Burghers of Calais) …国立西洋美術館にて」
人によって、”英雄像”は違うと思いますが、あなたは人間味を表現した「カレーの市民」について、どう思いますか??

ぜひ、足を運んで本物を観て、あなたなりの解釈を持ってほしいと思います。^^

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る