「ブダペスト展」…国立新美術館でヨーロッパとハンガリーの美術を!

「ブダペスト展(BUDAPEST)」 …国立新美術館にて

ヨーロッパとハンガリーの美術 400年

 

ブダペスト国立西洋美術館
ハンガリー国立美術館(ナショナル・ギャラリー)

 

共に”ブダペスト”で人気の美術館で、
そこから多くの作品が日本にやってきたのです。

 

・・・

2019年12月の国立新美術館
場所は六本木にある国立新美術館でした。

 

ちょうどこの日は
年末の慌ただしい雰囲気がする12月…

寒さもより厳しくなってきて、
それと同時に辺りの景色も黄、黄赤が目立つようになってきます。

2019年12月の国立新美術館 2019年12月の国立新美術館
駅周辺はビルや建物で溢れている六本木ですが、
美術館周辺に行くとこの様な自然で覆われているのがまたイイですね!

 

 

て改めてですが、
ブダペスト”はどこの首都?か知っていますか!?…

ブダペスト(ハンガリー)
中央ヨーロッパにある”ハンガリー”の首都になります。

周りにはオーストリアやルーマニア、セルビアなどに囲まれていて、
面積でいえば日本の約4分の1くらいの国になるのです。

実は今年(2019年)は外交関係が樹立して150年になる節目で、
今回の開催はこの記念に合わせての事のようです。

 

ブダペスト展
ヨーロッパとハンガリーの美術400年

・期間:2019年12月4日(水)~2020年3月16日(月)

・場所:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
※東京メトロ千代田線”乃木坂駅”(6番出口)より直結

・作品の多くはブダペスト国立西洋美術館と
ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵作品を展示

 

考え…・思い…
今回は「ブダペスト展」で観た作品の中で、
特に気になったものを挙げながら話したいと思います。

・・・

まず最初に観れた作品がこの”クラーナハ”の作品でした。

「老人と若い女」(1522年)ルカス・クラーナハ

「老人と若い女」(1522年)ルカス・クラーナハ

・・・

「老女と若い男」(1520‐22年)ルカス・クラーナハ

「老女と若い男」(1520‐22年)ルカス・クラーナハ

 

共に共通するテーマが”不釣り合いなカップル
最近の日本では年の差のカップルや夫婦も
ある程度当たり前になっているかもしれないけど、

この2つの作品に共通する点は”利害”が絡んでいる事

共にお金で繋がっている関係なのが面白いところなのです。

 

・・・

「カナの婚礼」(1566年)ジョルジョ・ヴァザーリ

「カナの婚礼」(1566年)ジョルジョ・ヴァザーリ

 

考え…・思い…
そういえば最初この絵の画家名を見た瞬間
ア!!と思ったものです。

 

この絵を描いたジョルジョ・ヴァザーリは
芸術家でありながら、美術史家としても活躍した人です。

芸術家としてはマニエリスムの画家として多くの作品を描いていますが、
美術史家としては『画家・彫刻家・建築家列伝』などを書いています。

特にルネサンスの頃の画家や芸術家の伝記などを著していて、
今私たちがルネサンスを知る上でも特に重要な人物なのです。

改めてですが
このヴァザーリは多彩な人だな~と思いますね!!

 

「聖ペテロの否認」(1633年)ヤン・ミーンセ・モレナール

「聖ペテロの否認」(1633年)ヤン・ミーンセ・モレナール

・・・

「聖小ヤコブ(男性の頭部の習作)」(1600年頃)エル・グレコ

「聖小ヤコブ」(1600年頃)エル・グレコ

そしてエル・グレコの作品も見る事ができました。

エル・グレコの宗教画の中でも、
顔だけが描かれた肖像画は珍しいと思います。

※参考に…
一度観たら忘れない! ”エル・グレコ”の表現力

 

回観れる作品の多くはブダペスト国立西洋美術館と
ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵作品になっています。

作品の時代でいうと
ルネサンス期頃から20世紀初頭の時代までになるようです。

ハンガリーはヨーロッパにある国なので、
もちろん芸術もヨーロッパの流れを受けている様です。

 

そしてもちろんですが

ハンガリー出身の画家も登場してきます。

「パリの寝室(本を読む女性)」(1877年)ムンカーチ・ミハーイ

「パリの寝室(本を読む女性)」(1877年)ムンカーチ・ミハーイ

 

このムンカーチ・ミハーイはハンガリー出身の画家です。

実はこの画家については知らなかったのですが、
今回観て即気に入ってしまったのです。

 

絵を見て感動!
絵を観てどう感じますか??
大胆なようで繊細で、
色遣いがとても素敵だと思いませんか!?

印象派にも見えなくはないのですが、
どことなく違った
独特な色遣いや雰囲気があると思うのです。

ムンカーチ・ミハーイは若くして成功してる画家で、
当時パトロンでもあったド・マルシェ男爵の未亡人のセシルと結婚し、
一変した生活を送るようになったと言います。

それでもここからまた飛躍し、名声を得ていったそうです。
実はムンカーチの作品が切手になった事もあるそうで、
それだけハンガリーにとっては重要な画家なんだろうと思います。

 

なみに
今回展示していたムンカーチの作品の中で、
私的に気に入った作品をいつくか挙げたいと思います。

本を読む女性(1880年)ムンカーチ・ミハーイ
テーブルに寄りかかる二人の若者(1874年)ムンカーチ・ミハーイ

特にこの作品は良かったのです。↓

ほこりっぽい道Ⅱ(1874年)ムンカーチ・ミハーイ

 

絵を見て感動!
見ているだけで雰囲気や空気感が伝わってきて、
リアリティを感じてしまうほど!!
その一瞬の砂ぼこりの色や変化を表現している様で、
コレは一見の価値ありの作品だと思います。

 

して
もう1点観てほしいのが…

「オンディーヌ」(1881年)ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル

「オンディーヌ」(1881年)ジュール・ジョゼフ・ルフェーブル

ルフェーブルオンディーヌという作品です。

※”オンディーヌ”は水のニンフ(精霊)の事で、
物語では人間の男と結婚する事で、
人としての心を得られるという話だそうです。

 

絵を見て感動!
これは純粋に美しくて綺麗!と思った作品です。

女性の肌の透き通る様な美しさは、
油絵で描かれた絵画とは思えないほど!!

実は後々知った事ですが、
この女性は等身大で描かれているそうです。

観れば分かると思いますが、
この絵はいやらしさというよりも、
純粋に美しい!!と感じる事だと思います。
実際にこの絵は”宝石”と評価された事もあったようです。

 

そして最後の方になると抽象的な作品も展示していて、
思った以上に充実している絵画展だと思ったのでした。

そういえば
最後に観れた絵も妙に印象に残っていて、
ガーデンチェアに座る女性(1930年)ヴァサリ・ヤーノシュ
シンプルで大胆でありながら、
絵の雰囲気や様子が垣間見れるのはイイですね!!

 

「ブダペスト展(BUDAPEST)」 …図録
なかなかハンガリーの画家の作品を観る機会はないだろうし、
あまり知らない画家でもこうやって作品を観て愉しめるのは、
やっぱり作品の醍醐味だろうと思います。

 

こでちょっと余談ですが…
ルービック・キューブというパズルを発明した人は
ルビク・エルネーという発明家、建築家でハンガリー出身の人だそうです。

また音楽に精通している人なら知っているだろうけど、
ピアニストで作曲家のフランツ・リストもハンガリー出身です。
※今展ではムンカーチ・ミハーイの描いた肖像画が見れます。

 

考え…・思い…
さて国立新美術館で開催の「ブダペスト展」ですが
個人的には後半になってくるにしたがって良かった印象でした。
惹かれる作品に出会えて、
思った以上に充実していたと思います。

特にムンカーチ・ミハーイの作品は良くて、
出来るならポストカードや大きなポスターがあったら、
欲しかったのにな~と思ったものでした。

 

この「ブダペスト展」は2020年3月16日まで開催します。
ぜひ興味のある方は行ってみては!?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る