番組「世紀の天才フェルメールの罠」から~

ラピスラズリ

 

先日こんな番組が放送されました…

世紀の天才フェルメールの罠~世界から狙われた名画の秘密~

 

現在開催している絵画展
「フェルメール展」の宣伝も兼ねている様ですが、
すでに「フェルメール展」を見ている私としては、
純粋に興味があって見てみたのでした。

さて番組の内容は大きく分けて2つで
フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」の謎
連鎖するフェルメールの絵画盗難事件の真相について

 

今回は代表作「真珠の耳飾りの少女」の謎について
番組の内容を交えて話していきたいと思います。

・・・

「真珠の首飾りの少女」(1665年)ヨハネス・フェルメール

「真珠の首飾りの少女」(1665年)ヨハネス・フェルメール

…これはフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女

フェルメールブルーと呼ばれる深く綺麗な青で描かれたターバンと
膨らみがあり潤った赤い唇が特徴の大人びた少女が特徴で
通称”北のモナ・リザ”と呼ばれている作品です。

現在はマウリッツハイス美術館に所蔵されていて、
1665年頃にオランダの画家フェルメールによって描かれたものです。

 

まずは
この絵の描かれてから今に至るまでの話から~

1675年にフェルメールが死去
この頃生活的にも苦しかった事もあり、
フェルメールの死去後競売にかけられてしまいます。

その後約200年近くを様々な所有者へと転々とします。

1881年
オランダのハーグでオークションが行われ、
2ギルダー30セント(約4000円)で落札されました。
この頃絵は非常に汚れていたと言われています。
ほこりや泥にまみれ何が描かれているかもわからないほどだったと言います。

…1915年
マウリッツハイス美術館で修復が開始
最新の調査によって、
少女のターバンの青(ブルー)は変色している事がわかりました。

ラピスラズリが絵の具の油と反応し変色してしまった。
当時のブルーと今のブルーは違った色だったというのです。

番組内ではこういった経緯が説明されたのですが、
実に奇妙というか意外な経緯があったのです。

 

考え…・思い…
まずはこの話に驚きが!!

オークションで落札されたのが
たったの2ギルダー30セント
(約4000円)だった事に驚きだったのです。

しかもかなり汚れていて
名画とは到底思えない様な状態だったそうです。

今では相当の値がつくと言われていますが、
汚れていたとはいえ当時の評価はかなり低かったんですね。

 

こんな驚きがありながら、
その価値を高めるに至っただろう
”フェルメールブルー”についても興味深いのです。

 

考え…・思い…
フェルメールブルー”という色は
フェルメールが好んで使った神秘的で深みのある青の事。

前々から知ってはいた事ですが、
こうやって改めて説明されると本当に凄いですね~。

フェルメールは若くして結婚し、
妻の実家で暮らしながら絵を描いていたそうです。

でも残っている書物から
フェルメールはあちこちに借金をしていたのです。

 

その理由は

・・・

…当時高価だった”ラピスラズリ”を購入するため

 

ラピスラズリ
ラピスラズリという鉱物は
当時はアフガニスタンでしか採掘されていなかったそうで、
金と同等の価値があったと言われています。

そのラピスラズリから作る”聖なる青色”。

品があり綺麗で透き通った青のため
別名”ウルトラマリンブルー”と言われていました。

フェルメールはブルーを描くために、
当時高価だったラピスラズリを使用していたのです。

 

ブルー
ラピスラズリは神秘性と希少性から
それまでは聖なるものを描くときにしか使われなかったほどなので、
フェルメールの様に聖なるもの以外に
一般の人を描くのに使用するのは異例な事だったそうです。

しかもフェルメールはブルー以外にも、
他の色と混ぜて青以外の色にも使用していたそうで、
相当のこだわりがあったのがうかがえますね。

 

考え…・思い…
ここまで熱く語られると、
またフェルメールの絵を見たくなるもの。
また「真珠の耳飾りの少女」がみたいですね~。

ダヴィンチの『モナ・リザ』もそうですが、
『北のモナ・リザ』と呼ばれる
真珠の耳飾りの少女』も本当に謎多き絵ですね。

モデルとなった人物は誰なのか?
などなどまだ謎は秘めていますがそれは解明できるのかな!?

そういえば番組内で
今回日本に初来日した作品『赤い帽子の娘』と
『真珠の耳飾りの少女』のモデルは同一人物だという説もありましたが…。

それはどうなのだろう??

 

…それはフェルメールのみぞ知るって事でしょうね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る