「ポーラ美術館」に行ってきました! in 2017

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

POLA MUSEUM” in 2017

 

箱根にあるポーラ美術館に行ってきました。

今回はこのポーラ美術館について話していきたいと思います。

そしてこの時期(2017年の3月)、
ここに来たのには”ある目的”が…
(それは後ほどお話しします。)

・・・

3月の「ポーラ美術館」 in 2017
この美術館は個人的にかなり好きな美術館で、
おそらく一度行けば誰もが気に入る場所だと思います。

 

建物自体も本当に綺麗で、
回りの自然に溶け込んだ感じがイイのです。
さすがに3月だとまだまだ緑に溢れてはいませんが…

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

 

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

 

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

 

調べてみて分かった事ですが、
この美術館のコンセプトは「箱根の自然と美術の共生」。

そのため
内部はこんなつくりになっているのです。

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

 

3月の「ポーラ美術館」 in 2017
外壁が透明なガラス?になっているので、
外からの自然な光が美術館内部までは入ってきます。

もちろん内部からは外の景色や自然が見れるのも特徴です。

それに建物自体も地上8メートルに抑えているそうで、
回りの自然を害することなく自然との一体感があるのです。
(作品の展示場所などは地下に設置されているのです。)

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

 

 考え…・思い…
昨年もポーラ美術館に行ったのですが
本当に良いな~”って思いますね。
季節によって全く違った姿を見せてくれます。

このポーラ美術館は観光地でもあるだけに、
企画展が年に2回くらいの開催になっています。

このポーラ美術館の開催日程に合わせて、
箱根旅行の日程を組んでみるのもイイと思います。

毎回違った自然の景色を”味わえる”ので、
その違いを楽しむのも面白いと思います。

・・・

それと”味わう”と言えば…

3月の「ポーラ美術館」 in 2017
中にはカフェ「TUNE」があるのです。
外の景色を観ながら珈琲を味わるのも本当にイイものです。

そして今回はこのノンアルコールワインが注がれた、
まるでクロード・モネの名作「睡蓮」を味わったのでした。

「睡蓮」を食べました! …「ポーラ美術館」より

まるで目の前で「睡蓮」を連想される様な…

こういうスイーツまでもArt(アート)になっています。

アート(art)とイート(eat)

読みも何となく似ているので、
食べる事って実は芸術に近いのかな!?

 

考え…・思い…
そういえば目の前で盛られたフルーツに、
ワインが注がれている様子を見たときは
つくづく”粋だな~”って。
(ちなみにノンアルコールなので、アルコールに弱い人でも食べられますよ!)

・・・

今回はポーラ美術館について簡単に話してみました。

 

さて、
今回はなぜここに来たのかと言うと…。

それは~

3月の「ポーラ美術館」 in 2017

この「ピカソとシャガール」を目的で来たのでした。
「ピカソとシャガール」を見に行って

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る