ルーヴル美術館展の来場者50万人突破!~ 5.15 ~

 

気になった絵画関連のニュースがありました。

 

参考で載せてみました。

~ ”2月21日から

国立新美術館で開催したルーヴル美術館展が、

5月15日で来場者数が50万人を突破!” ~

 

開催して84日目での記録です。

計算すると1日平均約5,952人になるんですね。

 

この数字がスゴイかどうかは別として、
実は41年前ルーヴル美術館の名画「モナ・リザ」が
日本にやってきた事があるそうです。

 

この時私はまだ生まれていなかったので、
詳しい事は分かりませんが、

調べていくと…

1974年(昭和49年)東京国立博物館で開催した「モナ・リザ展」。

開催日は4月20日~6月10日までで、
2か月も開催していなかったそうです。

それにも関わらず訪れた人が約151万人。

これは1日平均約3万人が訪れた計算になるのです。

それに気になった事が、
この「モナ・リザ展」は「モナ・リザ」1点のみの展示だったそうです。

 

さすがに今回の「ルーヴル展」が
「モナ・リザ展」ほどいくかどうかは分かりませんが…。

東京開催と京都開催の2都市開催なので、
開催日がまだあるだけにいい所までいきそうですね。

 

 

とにかく

東京開催は6月1日までです。

 ルーヴル美術館展(国立新美術館の入り口)

基本的に開催が後半になるにつれ混む傾向にあるので、
気になる様ならぜひ行ってみて下さい!

 

ルーヴル美術館展の詳細

(東京開催)
2015年2月21日(土)~6月1日(月)
場所:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7ー22ー2

(京都開催)
2015年6月16日(火)~9月27日(日)
場所:京都市美術館

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る