「クリムト展」の開催概要と見所

「クリムト展」のチラシより

- クリムト展 ウィーンと日本 - 

 

何気に気になっている絵画展で、
今から”これは絶対に観ないとな~”と思っているほど…

それだけクリムトの絵が魅惑的な事もありますが、
今回はそんな「クリムト展」の概要と
見所について話していきたいと思います。

・・・

クリムト展 ウィーンと日本1900
「クリムト展」のチラシより

・期間:2019年4月23日(火)~7月10日(水)まで
  ※休館5月7日、5月20日、5月27日、6月3日、6月17日、7月1日

・場所:上野の東京都美術館

・時間:9:30~17:30
  ※金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

 

まずは簡単にですが、
画家クリムトについて話したいと思います。

グスタフ・クリムト

1862年~1918年
19世紀末ウィーンを代表する画家。
その豪華な装飾性と官能性を感じさせる作風が特徴的で、
今展ではクリムトの初期の作品から分離派結成後の黄金様式の作品が展示。

そして甘美な女性像や風景画までの作品約25点、
そして同時代の画家の作品やクリムトに影響を与えた日本美術などが展示。

 

 考え…・思い…
クリムトは金箔を使った豪華な作品を手掛けたり、
対照的に風景画も多く残していたりします。

それから彼独特な官能さも魅力的なのです。
でもなぜかエロティックな絵にも関わらず、
エロさはそれほど感じられないのが実に不思議でもあるんです。

リアルに描かれていないのもあると思いますが、
そこには深い”何か?”があるからだろうと思うのですが、
おそらくそれは””なのかもな~と思ったりもします。
(クリムトの絵はどことなく儚さというか、悲しさというか、
死を連想させるのですが、私はそれらをまとめて”深い愛”だと思いたいですね!)

クリムトは多くの愛人を抱えていたといいますが、
(男としては羨ましいですが…)
その一人一人には彼なりに真剣な”愛”があったのかもしれませんね。

 

 考え…・思い…
そう思うと実際にクリムトの絵を見ると、
何かが感じられるのかもしれないな~と思うのです。

これこそ本物でしか味わえない見所!だと思うのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る