印象派とモネを結びつけた名画「印象、日の出」

「印象、日の出」(1872年)クロード・モネ

 

これはモネの代表作の一つ

…「印象、日の出

 

印象派とモネとを結びつけた有名な作品です。

 

「マルモッタン・モネ展」でも展示される名画で、
印象派という言葉が生まれる所以の作品なのです。

「マルモッタン・モネ美術館所蔵、モネ展」のチラシ

 

ここではそのクロード・モネの代表作の一つ

印象、日の出」について話していきます。

「印象、日の出」(1872年)クロード・モネ
「印象、日の出」クロード・モネ
※出展:Web Gallery of Artより

 

この作品が印象派という言葉を作った事は有名な話ですが、
その経緯を簡単に話すと…

1874年に開催された「第一回印象派展」で
展示された作品「印象、日の出」。

これを見た評論家のルイ・ルロワ(Louis Leroy)が
こんな評論を…

Impression I was certain of it.

I was just telling myself that, since I was impressed,
there had to be some impression in it — and what freedom, what ease of workmanship!

A preliminary drawing for a wallpaper pattern is more finished than this seascape.

…Wikipedia”Louis Leroy”のページより

訳すと…

”確かに”印象”だ。
私は印象を受けたのだから。

それにしても何て自由で、何て大雑把な仕上がりなんだ!
未完成の壁紙の柄の方がこの風景画よりもよっぽど出来栄えがいい。”

 

評論・評価(イメージ画像)

この評論の記事の”Impression”が
印象派と呼ばれるきっかけを作ったのです。

 

当時は写実主義が高く評価されていた時代に、

こういう対象物の輪郭などを排除し、
筆の質感や絵具を残して描く描き方。

色の点や、筆でべたべたを色を置いて風景などを表現する。

色を重ねる(イメージ画像)

 

近くで見ると、
まるで筆の後が残っていたり、
色の点で描かれている様に見えます。

でもちょっと離れて遠くから見ると、
点や線が調和して一つの風景画として見えてくるのです。

見方によっては、
大雑把で雑にも見えるかもしれませんが、

見方によれば、
物や風景を構成する原子、もしくは分子レベルで表現したともいえると思います。

 

クロード・モネは風景を愛し、

風景を何度も見ていた画家だけに、

風景の本質を見る眼が備わっていた”からなのかもしれません。

 

モネの風景画は

風景の本質をキャンバスに描いたともいえると思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る