今だから観たい名画 …2019,04

今だから観たい!この1枚の名画…

 

平成”を締めくくる2019年4月。

 

 

考え…・思い…
そんな4月に観たい名画は…
と色々と考えてみたのですが、
やっぱりこの絵しかないですね。

 

グスタフ・クリムトのこの名画…

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」(1907年)グスタフ・クリムト

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」(1907年)グスタフ・クリムト

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ(1907年)です。

 

絵を見て感動!
黄金に輝き異彩を放っている女性のドレス。
そして
その女性を覆うようにキャンバス一面に描かれた金色の背景。

一度見ると忘れられない衝撃的作品だと思いませんか?

 

ちなみにここで描かれているのは
アデーレ・ブロッホ=バウアー”という女性です。

 

 

はなぜこの絵が観たいかと言うと
絵のインパクトもさることながら
一番は絵にまつわるストーリーに惹かれたから。

 

それはこの絵を巡ったこんな実話があるからなのです。

・・・

アメリカに住む女性マリア・アルトマンが、
絵の返還を巡りオーストリア政府を訴えた事から始まります。

方やオーストリア政府もこの絵を手放したくなく、
もちろんアルトマンの訴えに対し真っ向から反論します。

この1枚の絵を巡って
個人と国の裁判争いがあったというわけです。

最終的にはアルトマン側の勝利に終わり、
現在この絵は”ノイエ・ギャラリー”に所蔵されているそうです。

 

そんな経緯があったためか、
この絵の価値は1億3500万ドル。
(日本円で約175億円ほどかな?)

もちろん世界的にも落札額で15位以内に入るほど!!

法廷争いがあった事が落札額を押し上げた理由かもしれないけど、
1枚の絵で国まで動いたわけですから
相当な価値があったんだろうな~と思うわけです。

 

ちなみにこの”アデーレ・ブロッホ=バウアー”は
オーストリアの実業家だったフェルディナント・ブロッホ=バウアーの妻。
”とある様にクリムトはこの女性を2回描いているのです。

 

・・・

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 II」(1912年)グスタフ・クリムト

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 II」(1912年)グスタフ・クリムト

これは”2”で、”1”と違って黄金で描かれてはいないのです。

 

考え…・思い…
”1”も”2”もそうですが、
どちらも独特な女性の描き方だと思いませんか!?

特に””は金色という豪華な色使いがとても印象的!!
しかも映画を観ている事もあってか、
妙にこの絵に対して印象深いものがあるわけです。

何というか、
この絵に対して不思議な魅惑や謎があるというか…。

実物は観た事はないの、
機会があればぜひ観たい!ですね。
ちなみに今は
ニューヨークのノイエ・ギャラリーで所蔵されています。

 

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」(1907年)グスタフ・クリムト

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」(1907年)グスタフ・クリムト

実は話せばまだまだあるわけですが、
この絵のアデーレという女性とクリムトとの関係も気になる所!

独身だったクリムトと結婚している絵のアデーレ。
しかもクリムトはこのアデーレをモデルに2枚も描いている!

なんだか男女の関係がありそうですよね…。

とにかくこの絵にはまだまだ謎というか、
不思議な魅力がありそうでタマラナイわけです。

 

 考え…・思い…
この絵の国家を動かすほどの不思議な魅力と
そして描かれた女性との関係性など
この絵はまさに”謎”と”魅惑”の宝庫!

…そんなわけで今回この名画
アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」を選ばせてもらったのでした。

 

※ここで扱っているイラストや作品画像はpublic domainなど掲載可能な素材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る