今だから観たい名画!

今だから観たい!この1枚の名画…

 

3月を締めくくる最後の日でもある3月31日…

新元号が発表される前日に当たる日で
本格的に平成最後を実感し始めたわけですが、
そんな3月31日に観たい!と思った作品があります。

 

以前に箱根にあるポーラ美術館に行った時の事ですが、
そこで見かけた美しい”名画”は今でも印象に残っています。

 

それは…

「ベンチにて」(1879年)エドゥアール・マネ

「ベンチにて」(1879年)エドゥアール・マネ

ベンチにて」(1879年)エドゥアール・マネ

 

考え…・思い…
この絵を最初に観た時の記憶ですが
本当に”ドキッ!!”としたのを覚えています。

綺麗で美しいのはもちろんの事ですが、
悲しさと優しさと脆さが滲み出た目
この目を観ていると本当に吸い込まれそうになってきます。

しかもパステルで描かれている点も興味深くて、
全体的に柔らかさやぬくもりが感じられるのは、
まさにパステルだからなしえた”名画”だと思うのです。

 

ここ最近この絵を上回る女性の絵はないと思っていて、
それだけ私にとっては印象に残る名画になっているわけです。

そんなわけで今回は
この「ベンチにて」を選ばせてもらったわけです。

 

lovely~
それにしても本当にイイですね~(^^)

何度見ても魅力的で魅惑的で、
見入ってしまうんですよね~。
(ある意味”一目ぼれ”みたいなものなんでしょうね…)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る