「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に行ってきました。

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」東京都美術館にて

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

 

今回は1月8日で終了する
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を見に行ってきました。

場所は上野を代表する美術館の1つ”東京都美術館”でした。

 

タイトルに”巡りゆく日本の夢”とある通り、
ゴッホと日本の関係がテーマになっている様ですね。

ゴッホは日本の浮世絵に影響を受けた事は有名な話ですが、
さてさてゴッホの作風にどんな影響を与えたのか??

・・・

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」東京都美術館にて
この企画展「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」では、
そんなゴッホの一面を垣間見れる予感がしてならないのでした。

 

 考え…・思い…
ファン・ゴッホは世界的に有名な画家ですが、
正直なところ未だにゴッホの凄さについて
あまりピンとこないでいる私なのですが…。

これまで色々と作品を目にしてきたつもりですが、
それでもよく分からないでいるわけです。

素人の私からすると、
ゴッホの絵を理解するって事は到底不可能なのかもしれないですね。

それでも今回の「ゴッホ展」では、
新たな発見があったのが大きな収穫でした。

・・・

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
写真の左側の絵…フィンセント・ファン・ゴッホの『画家としての自画像』(1887~88年)
右側の絵…フィンセント・ファン・ゴッホの『花魁』(1887年)

上の2枚の絵を見ても分かる通りこの「ゴッホ展」は、
日本とゴッホの関係を絵を通して分かる形になっていたのです。

日本の浮世絵とゴッホの絵が交わる形で堪能できるのです。

日本でも有名な浮世絵師”葛飾北斎”や”歌川広重”の作品

彼らの作品が豊富に見れたのも実に豪華で、
しかも見た事のある浮世絵もたくさんあったのです。

 

『画家としての自画像』(1887~88年)…フィンセント・ファン・ゴッホ

     『画家としての自画像』(1887~88年)フィンセント・ファン・ゴッホ

 

メイン作品にもなっているこのゴッホの『花魁』は、
まさに日本の浮世絵をモチーフにした作品になっています。

随所に日本を表わすモノが見る事が出来ると思います。

中央には花魁の女性が立っていて、
そして竹と睡蓮の葉と花が見えます。
奥には2羽の鶴がいて、手前には蛙が描かれています。

 

 考え…・思い…
日本の浮世絵をモチーフにしているのは分かるのですが、
でもただ模写したというよりも
ゴッホらしさを出した感じで描かれている様ですね。

独特な”黄色”が存分に使われていて、
しかも大胆な輪郭の描き方なんかはまさにゴッホ。

 

そういえば
今回”ザ・ゴッホ”と言えるような名画もあって、
このファン・ゴッホの『寝室』を見れたのです。

『寝室』(1888年)フィンセント・ファン・ゴッホ

『寝室』(1888年)フィンセント・ファン・ゴッホ ※ファン・ゴッホ美術館所蔵

 

この絵もまさにゴッホらしい作品だと思います。

そういえばこの『寝室』は
生で見るのは今回が初めてだったと思います。

 

絵を見て感動!
私の中でゴッホで一番ピンとくる絵というと、
この『寝室』が真っ先に浮かんでくるのです。

人によっては『ひまわり』や
『跳ね橋』が思い浮かぶ人もいると思いますが…。

さて、あなたは”ゴッホ”というと、
どんな絵が思い浮かびますか??

 

それから
他にも私が思うゴッホの特徴と言えば
”厚塗り”があると思うのです。

もちろん今回の絵画展でも見る事が出来ました。

 

 考え…・思い…
この厚塗りの立体感はまさに本物でしか味わえないと思います。
本や写真ではまず感じる事はできないと思います。

”ボテッ”盛られた筆質は
やっぱり生の作品でしか味わえないですね。

 

絵を見て感動!
もちろん今回の「ゴッホ展」でも鑑賞方法は、
近寄って筆質を味わい、そして遠目で全体像を堪能する

一度に二度の楽しみ方ができるのも、
ゴッホの楽しみ方の一つだと思うのです。

それではゴッホ展も
後半へと差し掛かるのでした。

・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る