ゴッホとゴーギャン展

「ゴッホとゴーギャン展」のチラシ

 ゴッホとゴーギャン展

 

どちらも主役を張れそうな2代画家…

ゴッホ(フィンセント・ファン・ゴッホ)

ゴーギャン(ポール・ゴーギャン)

この2人の画家の作品が一堂に見れるのです。

 

 考え…・思い…
想像しただけでもワクワクしてしまいますね!

この『ゴッホとゴーギャン展』は
東京愛知での巡回開催となっています。

 

ゴッホとゴーギャン展

   (東京開催)
日程:2016年10月8日(土)~12月18日(日)
場所:東京都美術館、企画展示室にて
   (東京都台東区上野公園8-36)

   (愛知開催)
日程:2017年1月3日(火)~3月20(月)
場所:愛知県美術館

 

ここで、
疑問に思う人もいるはずだと思います。

??
なぜ、ゴッホとゴーギャンなのか?

 

それは
2人には共通点があるからなのです。

知っている人にとっては、
当たり前の事ですが、

ゴッホとゴーギャンは短い期間ですが、

アルルで共同生活をしていた事があるのです。

 

でも興味深い事に、
同じ場所で暮らしていながら、
互いに描いた作風が違うのです。

一緒に暮らしていたら
互いに影響しあうと思うと思います。
でも描いた画風がまったく違うのが面白い点なのです。

だから一緒に暮らしていながら、
お互いの芸術観で衝突する事も多々あったともいわれています。

 

   考え…・思い…
という事は今回2人の作品を見れるって事は、
互いの作風や絵画観を探るイイ機会になると思うのです。

この「ゴッホゴーギャン展」の最大の見所は…

「ゴッホとゴーギャン展」のチラシ

ゴッホとゴーギャンの2人の作風を

見比べながら鑑賞できる事!だと思うのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る