「クレオパトラとエジプトの王妃」~プロローグとして~

クレオパトラとエジプトの王妃展

 

これはクレオパトラとエジプトの王妃展です。

早速行ってきたのですが、
見所や感想は後々紹介していくとして~。

 

ここでは

「クレオパトラとエジプトの王妃展」について

クレオパトラとエジプトの王妃展(看板)

流れや概要をサクッと話したいと思います。

 

この企画展は、
東京と大阪の巡回開催になっています。

気になる様だったら、
ぜひ行ってみては?

クレオパトラとエジプトの王妃展

(東京開催)
開催日:2015年7月11日(土)~9月23日(水)
場所:東京国立博物館平成館
(東京都台東区上野公園13-9)

(大阪開催)
開催日:2015年10月10日(土)~12月27日(日)
場所:国立国際美術館

 

クレオパトラとエジプトの王妃展(チラシ)

1章…”王をとりまく女性たち”
2章…”華やかな王宮の日々”
3章…”美しき王妃と女神”
4章…”権力をもった王妃たち”
5章…”最後の女王クレオパトラ”

こんな感じで
約180点程の展示物がまとめて見れるのが今展の見所!

クレオパトラとエジプトの王妃展(チラシ)

ルーヴル美術館や大英博物館のモノから
他にはロンドンなどなど
テーマを絞って世界中から集められたものがズラッと並びます。

古代エジプト時代の王妃たちのレリーフや像、
そして当時の生活ぶりを伝える貴重なものまで、

そして最後に
クレオパトラの事が紹介される感じで見れます。

 

今展はタイトルが「クレオパトラとエジプトの王妃展」とあるので、
クレオパトラの事が半分くらい占めているのでは?
なんて思う人もいる思いますが…
実はクレオパトラについての像やレリーフは意外に少ないのです。

というのも、
”クレオパトラ”と確証のあるモノが実は少ないというのが実際の話だそうです。

だからクレオパトラをメインに期待していくと
ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

(でも最後のクレオパトラの章で、
クレオパトラの恋愛について知ることができたのは個人的に大きな発見でしたが…)

クレオパトラとエジプトの王妃展(特別ガイド)

逆に当時の王妃たちについて
古代エジプトの生活ぶりを発見する上では良い企画展になっています。

 

 ツタンカーメンになったペンギン

この「クレオパトラとエジプトの王妃展」で、

当時の王妃たちの生き様や生活ぶりを堪能してみては?

 

 

美術館・展示会・ショー・イベントチケットならローチケ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る