国立新美術館の『ダリ展』に行ってきました!

『ダリ展』 …国立新美術館にて

DALI展

 

国立新美術館で開催の
『DALI(ダリ展)』に行ってきました。

 

サルバドール・ダリと言えば、
絵画に興味のない人でも知っているくらい有名です。

それだけに興味のある人も多いと思います。

そんなわけで
これから見ようと思っている人でも楽しめる様に、
見所なども交えながら話していきたいと思います。

 

今回『ダリ展』は
京都と東京の2都市で開催です。

もちろん楽しみにしていた私は、
東京で開催してすぐの事…

国立新美術館
…9月17日、”国立新美術館”に行ってきたのです。

 

もちろん
”超混むだろうな~”と思っていましたが、
やっぱり美術館内は混みまくりでした。

場所によってはなかなか進まないほどだったので…。

 

考え…・思い…
最初私の中で”ダリ”のイメージと言うと、
シュルレアリスム”の画家という印象がありました。

それが今回の『ダリ展』では
これまでのイメージを覆すような発見があったのです。

それは何なのかは…

「ダリ展」の看板広告
※六本木駅の『ダリ展』の看板広告より

… 順を追いながら話していきたいと思います。

 

実は入っていきなりの事、
ちょっとした”驚き!!があったのです!

・・・

絵を見て感動!
これって…「印象派?」じゃないの?

実はダリって
印象派の絵も描いていたのです。

若い頃にダリは、
印象派やポスト印象派に影響を受けていました。

それからキュビスムにも触れ、
ピカソを思わせる作品も描いていったのです。

今展はダリの歴史を追う形での展示だったので、
ダリの描いた作風の変化が流れる様に見れたのです。

 

考え…・思い…
そして思った事が…、
ダリって幅広いジャンルに触れ、学んだからこそ
高い領域のシュルレアリスムを描けたんだろうな~と。

例えば
この絵もそうだと思います。

「ダリ展公式図録」
『謎めいた要素のある風景』 …「ダリ展図録」より

これは1934年ダリの作品『謎めいた要素のある風景

 

考え…・思い…
最初この絵を見た印象は”これってスプレーアート?”
と思う程のキレイで鮮やかな絵だったのです。
(でもこれは板に描いた油彩です。)

風景画の様に見えるし、
変な形のオブジェもあって可笑しな世界観が現れています。

こんな風にダリの描いたシュルレアリスムって
ダリの感性と技術の融合によって出来上がったものだろうな~と。

この頃の作品は大体1930年代に描かれたもの。
シュルレアリスムのダリというイメージが一番ピッタシあう頃だと思います。

 

物知りぶるペンギン
私にとって”シュルレアリスム”の解釈は、
無意識にあるモノを絵に表現した作品というニュアンスです。

辞書などでは”超現実主義”と書かれています。
(つまりは現実にはありえない様な…。
そんな意味になると思うのです。)

というわけで、
この頃のダリの絵を見ながら~
私なりにダリの無意識にあるもの”を探ってみたのです。

・・・

絵を見て感動!
すると見えてきた
私なりのダリの無意識のテーマは…。

つながる重ねるくっ付ける

この3つがダリの絵に共通する事かな~と。

 

そしてこの言葉を意識しながら見ていくと、
何だかしっくりとくるのです。

「ダリ展」のポストカード
左…『子ども、女への壮大な記念碑』(1929年)  ※ポストカードより
右…『奇妙なものたち』(1935年)  ※ポストカードより

この2つ絵もそうですが、
描かれているモノが全体的につながっていて、
いろんなモノが重なっている感じが分かると思います。

シュルレアリスムの画家って、
その画家の無意識なモノが描かれると思います。

画家によっては、暗くてダークな絵もあります。

でもダリの絵はちょっと寂しげでうす暗い感じがあるのですが、
でも実は薄暗く寂しげな雰囲気の中に、
独特なユーモアみたいなものがある様に見えるのです。
(人それぞれ色々な解釈があると思いますが…)

 

「ダリ展公式図録」

ダリの世界観が独特なのは、
こんな”ユーモア”があるからなのかも!?

この『ダリ展』前半では、
ダリのシュルレアリスムの内部に迫れた感じがしたのです。

⇒『ダリ展』に行って…後編へ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ごんた
    • 2017年 5月 11日

    お聞きしたいことがあります。
    奇妙なものたち のポストカードをおいくらかで譲っていただけないでしょうか?
    申し訳ございませんが、ご返答お待ちしております。

    • goro
    • 2017年 5月 14日

    コメントありがとうございます。

    申し訳ありませんが、お譲りはできません。
    私が購入するポストカードは、気に入った作品がほとんどなので…。

    ダリは比較的最近の画家で、ほとんど作品が公開されていないですし、
    ポストカードとはいえなかなか手に入れにくいという事情もありますが…

    今回は申し訳ありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る