東京駅でシャガールはロマンティック!

「シャガール 3次元の世界」東京ステーションギャラリー

シャガール”は”やっぱりシャガール

 

後半へ~

前半を見てきて思うのは、
キャンバスだろうと、彫刻や陶器だろうと
シャガールの描きたかったモノは変わらなかったって事。

 

考え…・思い…
つまりは一言でいうなら
シャガールはやっぱりシャガール”なのです。

私の場合はシャガールのこういった”情熱さ”が好きで、
常々見ていて”イイな~”って思うのです。

 

それでは今回「シャガール三次元の世界」展で、
個人的に気になった作品があるのですが、

ちょっと参考程度に挙げてみたいと思います。

「シャガール 3次元の世界」ポストカードより
※「シャガール 3次元の世界」ポストカードより

逃避 村の上の雄鶏と雄山羊」(1962)
…見た瞬間に迫ってくるような立体感がある絵でした。

・「聖女の女 ラケルとレア
・「聖女の女 サラとリベカ」(1969-70年)

・「過越祭」(1968年)

・「青い花瓶の花束」(1930年)
…まるで印象派の絵の様な…。そんな花瓶を描いた静物画でした。

・「サン=ジャン=カップ=フェラ」(1949年)
…上のポストカードにある全体的に青い絵です。

 

 

絵を見て感動!
どれも印象的な絵ばかりでなのです!!

ぜひあなたなりの気に入った作品を
見つけてみてはどうでしょう??

 

そして中には
意味ありげな絵もあります。

「シャガール 3次元の世界」ポストカードより
「黒い手袋」(1923-48年)マルク・シャガール  ※ポストカードより

この「黒い手袋」という絵は、
実は妻ベラが亡くなった4年後に描かれた作品。

 

 考え…・思い…
ベラの事を忘れられずに描かれた絵なのだろうけど、
下の方にポツンと描かれた黒い手袋は、
何だか意味がありそうにも思えるのです。

ベラの愛用していた手袋が置き去られたように見える様は、
まさにベラの事を忘れられず
愛し続けているシャガールの気持ちを表わしているのかも!?

どれも良い作品なので、
ぜひ見てほしいと思います。

 

そして
もう1つ見てほしいポイントが!

それは
シャガールの描いた動物について。

シャガールはよく動物を描いている事は有名ですよね。

例えば”愛”を象徴する動物として山羊(ヤギ)など

そういえば昔見た映画で
「ノッティングヒルの恋人」があるのですが、
(もうかれこれ20年前かな!?)

「ノッティング ヒルの恋人」
ジュリアロバーツ主演で、
この映画の中にシャガールの絵が登場してきます。

そして愛を表わす動物として
”ヤギ”が描かれた作品が登場します。

実は学生の時に見た映画なのですが
この映画がシャガールを知るきっかけになったのですが、
今でも不思議と記憶に残っているのです。

絵に登場してくる動物が果たしてどんな意味をもっているのか、
何の象徴として描かれているのか??

観た人による解釈にもよってくると思うのですが、
シャガールの絵はまさに見る人の解釈に任せている風があると思います。

 

絵を見て感動!
私がシャガールを好きな理由2つ目は、
謎というか深い意味らしいものが絵に込められている事。

これがシャガールの絵のオモシロい所でもあると思います。

ぜひ実際に絵を見て、
”描かれた動物の意味”をあなたなりに探ってみてはどうでしょう??

 

実は今回の「シャガール三次元の世界」の公式サイトでは、
シャガールの技法の違いや表現の違いや多様性など…

展覧会の見所として
色んな小難しい事が書かれています。

 

考え…・思い…
正直言って素人の私からすると、
シャガールの技法やら表現やら
理解して分かろうと思ってもなかなかできないわけです。

ただ純粋に絵を見て、
感じるだけでも良いのかな~と思います。

絵を見て”何だかよく分からないけれど、良い!!”
この感じ方も絵の楽しみ方だと思いますね。

 

東京ステーションギャラリー
ちょっと話はそれますが、
この東京ステーションギャラリーは東京駅の中にある美術館です。

 

それだけにこの美術館では
駅が建設された当時の煉瓦(レンガ)が間近で見れたりできるのです。

つまりは
見所は絵だけではないのです。

 

考え…・思い…
ただ今回の展覧会で唯一の不満は…

それは「シャガール三次元の世界」の開催が
12月3日までになっている事なのです。

東京駅はクリスマスの時期になると、
東京駅周辺ではあちこちでイルミネーションをやります。

出来ればそのクリスマスの時期も開催してほしい…”

…というのが
私なりの要望でもあるんですよね…。

 

lovely~
愛の画家と言われる”シャガール”の芸術を見て、
そして暗くなってきたら綺麗なイルミネーションを見る

コレって最高のクリスマスデートになると思いませんか??

少なからず絵画好きな私にとっては
最高のデートコースになるわけですが…。

 

東京駅
そんな事を思いながら
「東京ステーションギャラリー」を後にした今日この頃だったのでした。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る