東方三博士(Magi)とは? 3賢人の贈り物と代表する絵画

東方三博士の礼拝の置物

 

東方三博士の礼拝

この様なタイトルの絵画を目にした事はありますか?

西洋絵画の中で宗教画は特に重要な位置を占めています。

それだけに”東方三博士”という言葉は、
絵画を見ていくと見る機会が結構あると思うのです。

 

考え…・思い…
特に宗教画は時代背景や意味を知らないと、
どうしても深く愉しめない部分があると思います。
どうしても知っておいて欲しいワードではあるわけです。

 

今回は西洋絵画でよく登場する”東方三博士”について
絵画を取り挙げながら分かりやすく話していきたいと思います。

 

”東方三博士”の意味と3人の賢人たちについて

 

この東方三博士は3人の賢人たちの事で、
イエス・キリストの誕生とは深い関係がある人物です。

 

例えば
このボッティチェリの作品を見て下さい!

「東方三博士の礼拝」(1475年頃)サンドロ・ボッティチェリ

「東方三博士の礼拝」(1475年頃)サンドロ・ボッティチェリ

サンドロ・ボッティチェリの代表作東方三博士の礼拝

英語で書くと”Adoration of the Magi”。

Adorationが礼拝という意味で、Magiが東方三博士を指しています。

 

聖書

新約聖書』に登場する賢人たちで、
イエスが生れた際に占星術の学者たちが東の方からやってきた…と。

当時はヘロデ大王が統治する時代…

キリストの降誕

神の子イエスがベツレヘムで降誕(誕生)されました。

そんなヘロデ大王の元へ東方から博士たちが訪れ言いました。
「ユダヤ人の王がお生まれになった方は、どこにおられますか?
私たちは東方でその方の星を見て、やってきました。」と。

ヘロデ大王は神の子イエスの存在を聞き、不安に駆られるのでした。
そしてベツレヘムで誕生した事を聞いた王は、
博士たちに「見つかったら私に知らせてくれ。私も拝みに行くから」といい、
博士たちをベツレヘムへ遣わしたのでした。

 

東方から来た三賢人

そして東方から来た博士たちは
星の光に導かれベツレヘムへ向かいます。

キリストの降誕

そこで3人の博士は
救世主(イエス)の誕生を目のあたりにするのでした。

そして3人の博士はイエスの誕生を喜び、
3つの宝(黄金、投薬、乳香)を捧げたと言われています。

 

こで三賢人の贈り物に注目!
3人の賢人の捧げた物と人物像について
こんな深い意味があると言われているのです。

 

東方三博士と3つの贈り物
3博士が捧げた贈り物の意味とは?

メルキオール(Melchior)

黄金”をささげたと言われています。
※”黄金”…王位の象徴。

カスパール(Casper)

没薬”を捧げたと言われています。
※”投薬”…死を象徴

バルタザール(Balthasar)

乳香”を捧げたとされています。
※”乳香”…祈り・神権を象徴。

そして描かれている人物像も
こんな意味があるとされているそうです。

まず人種で言えば
ヨーロッパ、アフリカ、アジアと様々な国籍で
そして年齢も老年、壮年、青年と様々に描かれているのです。

これにはこんな意味があるそうなのです。

年齢も国籍もそれぞれ違う事が意味する事は、
世界中の老若男女問わず様々な人たちがイエスの誕生を祝い、
待ちわびていたという事を意味していると言われています。

キリスト教を信仰している地域では
クリスマスの時期になると
3人の博士らしき人物の置物が置かれるそうです。

 

 

「東方三博士の礼拝」を描いた絵画

 

このテーマで様々な画家が描いています。

 

「東方三博士の礼拝」(1655-1660年)バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

「東方三博士の礼拝」(1655-1660年)バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

 

・・・

「東方三博士の礼拝」(1423年)ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ

「東方三博士の礼拝」(1423年)ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ

・・・

「東方三博士の礼拝」(1617-1618年)ピーテル・パウル・ルーベンス

「東方三博士の礼拝」(1617-1618年)ピーテル・パウル・ルーベンス

・・・

「東方三博士の礼拝」(1624年)アブラハム・ブルーマールト

「東方三博士の礼拝」(1624年)アブラハム・ブルーマールト

 

この東方三博士は絵のテーマとして描かれる事も多いだけに、
ぜひ見かけた際には今回の知識を思い返してみては??

 

より楽しめると思いますよ!!

 

 

※ここで扱っている画像は、
パブリックドメインなど掲載可能なものを使用しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Category

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る